「大谷美和子」おすすめ作品一覧

「大谷美和子」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2014/03/07更新

ユーザーレビュー

  • きんいろのさかな・たち
    現代の家族の問題。小6の女の子たちがでてくる短編集。
    あまり本を読まない、背伸びをしてる子にすすめたいかな。
  • ひかりの季節に
    人は必ず死ぬ、いとこの輝が突然逝ってしまい、心の傷が癒せていないみさき。おじいちゃんの生き方を通して、ただ生きるのか、どう生きるのかを考えさせられる。
  • またね
    人間の仕事は、生きること。死ぬことは、仕事を終えて休息すること。お母さんの乳がん発覚からのひと月で、日常の大切さを実感した麻実の話。
  • またね

    挿絵を知り合いの
    版画家さんが書いています。

    私も母が入院した時に
    同じような気持ちになりました。
    読んだ後に優しくなれる。
  • またね
    元気なお母さんと二人暮しの小学6年生の少女、単身赴任中のお父さん。 会社の健康診断で「乳がん」とお母さんが診断され、入院手術。
    ひとりぼっちで過ごすことになった彼女が、お母さんの病室を見舞ったりすることで、生と死について考える。「またね」っていい言葉だね。