つるばら村の魔法のパン

つるばら村の魔法のパン

作者名 :
通常価格 1,265円 (1,150円+税)
紙の本 [参考] 1,540円 (税込)
獲得ポイント

6pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

最初は宅配のみだったパン屋「三日月屋」も、駅前の赤いトタン屋根のお店になってから、季節ごとの数々のおいしい魅力的なパンを生み出してきました。くるみさんの成長とともに歩んできた「三日月屋」が、もうすぐ10周年を迎えようとしています。どんな催しをするか悩んでいるくるみさんのもとへ、今日も、不思議なお客さんがやってきました。「つるばら村」シリーズ完結の第10弾

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
児童書 / 児童文学
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
わくわくライブラリー
電子版発売日
2019年03月08日
紙の本の発売
2012年11月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
19MB

つるばら村の魔法のパン のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2018年04月20日

    くるみさんのパン、食べてみたいなー。
    ほっこり温かくておいしそう。
    だから、人間も、人間以外も、優しいお客さんがやってくる。
    このシリーズは、これで完結のようで残念だけど、くるみさんのパン屋さんは、ずっと心に残る。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年03月15日

    すき!するする読めちゃいます!なんと、シリーズ最終巻でびっくりしました。シリーズものなのに、途中から読んでこんなに楽しく読ませるなんてステキです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年02月24日

    つるばら村の様々なお店は、本当に夢があって素敵ですよね。
    くるみさんのつくったパンは、読み返すたびに食べてみたい気持ちに…
    お話しの語り口もやさしくて、色々な登場人物とこ交流に、あたたかくなれるのがいいところです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年01月14日

    つるばら村シリーズの最終巻になるそうです。

    まだまだ続いてほしいなぁ・・と思うつるばら村シリーズはどのお店もあたたかくてすてきですね。

    くるみさんのパンやさんも10周年!どのパンも食べてみたいです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年02月13日

     つるばら村シリーズの完結編です。
     原点に返ってくるみさんの話です。
     だからなのか、イラストが中村さんに戻ってます。くるみさんの話のときは中村さんのイラストてことなのかな。

     それにしても、くるみさん、お店開いて7周年で、ようやく貯金が貯まって屋根を赤いレンガに出来そう…て、まぁお話の世界だか...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年12月15日

    久しぶりの「つるばら村」のパン屋さんのお話です。
    くるみさんのつくるパンは、どれも美味しそうです。
    ここのパン屋のモデル?になったのが「ア・ラモート」というケーキ屋さんだと、あとがきにありましたが驚き&納得!です。
    「ア・ラモート」の林檎や胡桃のパウンドケーキは、ふんわり甘くて、しっとりやさしくて、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2013年01月14日

    つるばら村シリーズ10冊目、
    くるみさんのパン屋さん「三日月屋」も10周年、
    そして シリーズ完結巻です。

    田舎の小さなパン屋さん。工夫をこらし、季節の味を焼き込んだパンは、人間だけでなく ちょっとかわったお客さんたちをも魅了します。大きな事件はないけれど、パンのように あたたかくてやさしい物語が...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています