つるばら村の三日月屋さん

つるばら村の三日月屋さん

作者名 :
通常価格 1,265円 (1,150円+税)
獲得ポイント

6pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

つるばら村のくるみさんは、やっと駅前にお店を出せるようになりました。赤い屋根の小さなお店で、「三日月屋」というパン屋さんです。あいかわらず、村の動物たちが、パンを注文にやってきます。くるみさんのパンは、心がこもっているので、みんな、おいしいにおいに、ウットリ。「つるばら村の三日月屋さん」は、そんな村のなかまに、毎日、いろいろなパンをやきつづけているのです。「つるばら村」シリーズ第2弾!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
児童書 / 児童文学
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
わくわくライブラリー
電子版発売日
2019年04月12日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
22MB

つるばら村の三日月屋さん のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2016年11月06日

     宅配パン屋さんだったくるみさん、念願のお店を駅前に出します。
     相変わらずパンがすごくおいしそう。
     私、パン大好きなので、この本に出て来るパン、みんな食べたい。自分の住んでるところにこのパン屋さんあったら、絶対常連さんだよー。

     てか、くるみさん、動物のお客さんい出会うたび、カエルがケーキを焼...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年04月25日

    くるみさんがやっているパン屋さんに動物や精霊がやってきて、パンを買ったり注文したりします。くるみさんは報酬にがっかりしたりするのですが、結果的にはいい方向に進むんです!!
    つるばら村シリーズ第2弾!!これからどうなるのか楽しみです♪

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年07月21日

    表紙とタイトルが気に入って手に取った本です。

    つるばら村シリーズの二作目になるそうです。
    一作目を読んでいないけど、今作だけでも楽しめました。

    人間のお客さんは登場しません。
    飼い猫と普通に喋ったりします。
    まったくのファンタジーですが、ほんわかしていてなごみます。
    子供向けに書かれた物語だけど...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年05月23日

    季節をおって色んな不思議なお客さんがやってきます。そしていつも不思議なパンを注文します。え?そんなのパンにいれるの?そう反応して作ってみるとああ、合うなぁ。これをお店の新しいパンとして出せるかも。不思議なお客さんのおかげで、くるみさんのパンのレパートリーはどんどん増えます。
    パンが食べたくなりますね...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年11月06日

    つるばら村シリーズの2作目。季節にあわせたパンがどれもおいしそう!児童書ですが、さりげなくビジネスの難しさとおもしろさが書かれているところも好きです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年07月02日

    とっても大好き。小学生の時から、高校生になった今でも読み返す本。
    児童文学には、本当なら置いていきたくはなかった記憶を保存しておける気がする。
    特に、小学校低学年の頃に感じていた焦燥感というか、わくわくみたいな何かを思い出すにはぴったりの本だと思います。

    つるばら村シリーズの本は、年齢問わずにおす...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年11月23日

    つるばら村シリーズの2冊め。「三日月屋」というパン屋を営む くるみさんに起こる、ちょっと不思議なファンタジー短編集です。
    12のお話が納められていますが、特に素敵だった「バレンタインデーのパン」というお話を紹介します。

    ユキちゃんという女の子が、「パンの作りかたを教えてください!」と、三日月屋にや...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年05月19日

    小学校中学年から。
    短編集です。どのお話も読み終わってじんわりする、癒しの一冊。子供に自信を持って薦められる本を発見!って感じでした。
    出てくるパンがおいしそうで、パンが食べたくなる本でもあります。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年11月23日

    【10/25】近図。季節の本(たべもの)&10月のおすすめで紹介。(クロワッサン、サンドイッチ、カエデのシロップ、カレーパン、バターロール、はちみつのパン、アップルパイ、ヨモギパン、チョコレート、ツルバラのジャム、キュウリ、ダイコン、木の実、アンズのジャム)(しごと-パンや)(どうぶつ-キツ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年11月12日

    「つるばら村」シリーズの2作目。くるみさんは、つるばら村の駅前に、赤いトタン屋根の「三日月屋」と言うパン屋を5月1日に開店。パンが売れ切れて閉店前に店を閉めようとしたら、キツネがやって来た。売れ切れた事を知ってガッカリするキツネに、くるみさんは、サンドイッチの耳をあげる。すると代わりにキツネは木の葉...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています