池田信夫のレビュー一覧

  • 原発「危険神話」の崩壊
    評価:★★★★★(5/5)
    著者によれば、今回の福島の事故において、2つの神話が壊れたという。

    安全神話:最悪の事態でも炉心溶融は起こらない
    危険神話:炉心溶融が起こると数万人が死ぬ

    前者についてはなじみ深いだろう。しかしこの本は後者についてもしっかりと触れてある。

    盛り上がる反原発運動にたい...続きを読む
  • ハイエク 知識社会の自由主義
    大学の経済学史の授業でも、それほど大きく扱われない存在であるハイエクの一生に焦点を当て、彼の著作や主張を交えて記した本。
    何故池田信夫という人物がハイエクに注目したのか最初はわからなかったが、両方の著作を見ているとなんとなくそれ理解できた。おそらく、池田はハイエクに多少ながら影響を受けていると言って...続きを読む
  • イノベーションとは何か
    実のところ池田さんの主張には首肯することが多い。ブログもずっと読んでいるし、推奨する本も何冊も読んだ。影響を受けている人のひとりと言っていいと思う。賛否が割れる原子力の話も、TPPの話も、電波の話も、電子出版の話も、主張されている内容については、あらかたその通りだと思う。
    ただ議論が喧嘩腰になるの...続きを読む
  • 古典で読み解く現代経済
    経済学の理論間の関係だけでなく、哲学との関係も整理されており、非常に勉強になった。加えて、野中郁次郎の暗黙知はポランニーの暗黙知の誤解から生まれたなど、池田節も心地よく面白い。
  • 古典で読み解く現代経済
    1月、2月に8回に渡り行われた講義をもとに執筆された本です。アダムスミス、マルクス、ナイト、ケインズ、ハイエク、フリードマンの経済理論をベースに現代の経済問題を考えるという構成はなかなかおもしろいです。えてして、古典は現代とは無関係なものとして扱われがちですが、現代にも通用するところが古典なのでしょ...続きを読む
  • 日本経済「余命3年」 <徹底討論>財政危機をどう乗り越えるか
    テレビを見なくなって経済・財政・政策の専門書をガンガン読むようになってからは、竹中さんが言ってることは経済学的にはかなりまっとうなんだって思えるようになった。

    小泉・竹中改革の害悪とかいっていつもテレビで垂れ流していれば洗脳されちゃう。テレビの害悪ってほんとひどいなって思う。

    池田信夫さんとかも...続きを読む
  • ハイエク 知識社会の自由主義
    ハイエクの入門書というよりは、ハイエクを通して著者の主張するところを述べるという色が強いように思います。著者のブログを合わせて読んでいると理解が深まるかと思います。そういう意味で、きちんとハイエクを知りたければ、実際の著作に当るべきかもしれません。ただ、ハイエク自身の著作を読んでみたいなと思わせる内...続きを読む
  • 「強すぎる自民党」の病理 老人支配と日本型ポピュリズム
    池田信夫による日本の戦後政治における問題点を指摘したもの。

    日本が政策論争ではなく政争に明け暮れて、本質的な問題が棚上げになってここまで来てしまったということがよく分かった。
  • 「強すぎる自民党」の病理 老人支配と日本型ポピュリズム
    現状の自民党政権の課題というか、日本の政治課題を論理的に説明していて納得感があるが、消費税の逆進性について全く言及がないのはなぜだろう。
  • ハイエク 知識社会の自由主義
    いつもブログを読んで勉強させてもらってる池田信夫氏の新著。

    ハイエクといえば、一般的にはケインズに対置される存在の人物として理解されているのではないかと思います。
    政府支出による有効需要創出を唱えたケインズに対して、サッチャーやレーガンによる「小さな政府」を志向した新自由主義思想の後ろ盾となったハ...続きを読む
  • ハイエク 知識社会の自由主義
    経済学の基本も学ぶことができる内容だった。

    ハイエクの思想は、ウィーンに生まれたことで大陸の遺産を受け継ぎ、英米に移住することで新しい世界と交わってできた。市場経済を擁護し、歴史の進歩を信じる理論のようでありながら、近代の合理主義を否定し、人間の無知を前提に置く。

    ハイエクはオーストリア学派に分...続きを読む
  • 失敗の法則 日本人はなぜ同じ間違いを繰り返すのか
    「失敗の本質」が流行っているので、失敗の本質と過去からの池田氏の持論を組み合わせて売れる本にしようという編集者の意図がミエミエの著書。従って内容的には過去の池田氏の本や主張同様、非常に含蓄があって本質をついており、興味深い内容ではあるものの、上記のような観点からみると、あまりいただけない本ではありま...続きを読む
  • 戦後リベラルの終焉 なぜ左翼は社会を変えられなかったのか
    信夫氏の左翼に対する熱い思いを垣間見ました。
    日本の左翼は定義が狭すぎて、共感できる人が少ないのが問題なんだと思うなー。あと、自民党の幅が広すぎて明確な対立軸を出せないのではないのかな。
    人の感情に直接反応させる右翼に比べて、左翼は賢そうだけど
    感情に届かないので結局それでは何も変えられない。大多数...続きを読む
  • 失敗の法則 日本人はなぜ同じ間違いを繰り返すのか
    日本人の失敗のパターンは同じ。。
    その特徴は現場主義による部分最適化と誰も決めない「空気」の支配。

    意思決定がボトムアップで部分最適になり、全体を統括する強いリーダーを拒否する。最終決定者がいないので、みんなで打ち合わせをして時間をかけて「空気」をつくっていく。
  • 日本人のためのピケティ入門―60分でわかる『21世紀の資本』のポイント
    ピケティの主張について知りたくて読書。

    この数年、帰国するたびに耳にしていたピケティの名。原書の厚さ969ページに驚いた。これについては今後も原書の翻訳本を読む機会はないと思う。

    そもそも資本主義は格差を拡大させるも。是正させるためのポイントは、累進課税で今後は、タックスヘイブンへのグローバル課...続きを読む
  • 「強すぎる自民党」の病理 老人支配と日本型ポピュリズム
    池田信夫さんの本は久しぶりに読んだ。著作自体も久しぶりなのではないだろうか。SNSやブログでの発言はずっと目にしているので、その主張には違和感はない。本書は、「戦後の政治史を追って、自民党が一貫して多数派に迎合するポピュリズムの党だったことを明らかにする」というものである。「財政や社会保障を考えるう...続きを読む
  • 資本主義の正体 マルクスで読み解くグローバル経済の歴史
    マルクスの『資本論』や『経済学批判要綱』を、現代のグローバル資本主義に対する優れた分析として読みなおし、修正を加えるとともに、マルクスの提出したアソシエーションはグローバル資本主義に対峙するための有効な処方箋とはならないとしてこれを退け、将来の世界経済および日本社会について考察を展開している本です。...続きを読む
  • 戦後リベラルの終焉 なぜ左翼は社会を変えられなかったのか
    リベラル思想を滅ぼしてはいけない。あの戦争敗戦は何だったか。保守主義が勝っているわけではない。安倍さんの政治はたんに経済優先ではないのか。
  • 日本人のためのピケティ入門―60分でわかる『21世紀の資本』のポイント
    80ページほど。分厚いピケティの『21世紀の資本』を開設してくれる。忙しい人には、この解説本だけで良いのでは?それくらい、分かりやすい。

    資本主義の根本的矛盾 r>g つまり、資本収益率が必ず成長率=国民所得の増加率を上回るため、格差拡大傾向を持つという矛盾。技術移転に格差縮小の効果があるが、資本...続きを読む
  • 今さら聞けない経済教室―こどもに聞かれても困らない60の疑問と答え
    良く耳にする豊かさ、物価、円安、雇用、格差、アベノミクス、税金、エネルギー、財政、社会保障について丁寧に解説されている本です。税金の章で述べられている軽減税率については政権与党である公明党が頻りに口にしていますが、OECD(経済開発協力機構)はこの税率を止めるように勧告しているらしいです。知らなかっ...続きを読む