イノベーションとは何か

イノベーションとは何か

作者名 :
通常価格 1,760円 (1,600円+税)
獲得ポイント

8pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

日本経済の未来も、日本企業の活路も、イノベーションにしかない。しかし、いったいどうすれば、イノベーションは起こせるのか――? ・なぜ日本企業から、グーグルやアップルが生まれないのか? ・イノベーションが起こりやすい環境、起きにくい環境とは何か? ・政府、企業、個人はそれぞれ何ができるのか? イノベーションを真正面から論じた本格的分析の書。任天堂、ソフトバンク、ソニーなど、各企業のケースも満載。<本書で検証するイノベーション、10の仮説>1) 技術革新はイノベーションの必要条件ではない2) イノベーションは新しいフレーミングである3) どうすればイノベーションに成功するかはわからないが、失敗には法則性がある4) プラットフォーム競争で勝つのは安くてよい商品とは限らない5) 「ものづくり」にこだわる限り、イノベーションは生まれない6) イノベーションにはオーナー企業が有利である7) 知的財産権の強化はイノベーションを阻害する8) 銀行の融資によってイノベーションは生まれない9) 政府がイノベーションを生み出すことはできないが、阻害する効果は大きい10) 過剰なコンセンサスを断ち切ることが重要だ

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / 経営・企業
出版社
東洋経済新報社
ページ数
240ページ
電子版発売日
2012年01月13日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
2MB

関連タグ:

イノベーションとは何か のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2011年11月06日

    実のところ池田さんの主張には首肯することが多い。ブログもずっと読んでいるし、推奨する本も何冊も読んだ。影響を受けている人のひとりと言っていいと思う。賛否が割れる原子力の話も、TPPの話も、電波の話も、電子出版の話も、主張されている内容については、あらかたその通りだと思う。
    ただ議論が喧嘩腰になるの...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年03月01日

    イノベーションについての諸分野の研究成果がまとめられており、読みやすいし、勉強になる。著者の論そのものは、巷で言われている「なぜ日本からイノベーションが生まれないのか」について学問的な裏付けをしながら解説していくもの。イノベーションのためには、変人が突き抜けなければならない、というようなことを暗に言...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年08月06日

    著者は元NHK職員で経済評論家。本書はこれからの日本企業がGoogleやfacebookのようなグローバルレベルのイノベーションを起こすための課題を提起している。アメリカ発の経済学・経営学の本とは違い、本書は日本の経営活動にフォーカスした内容であり納得感がある。「イノベーションとは”技術”よりも”ビ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年02月18日

    IT業界(ITゼネコンと言われても仕方がない)にいる自分にとっては、とても耳が痛い一冊。
    スティーブ・ジョブスやビリー・ゲイツなどの成功者がいかにして成功してきたかを知って損はないと思うが、結局のところ筆者も述べているように『科学の理論が昨日から生まれるのではなく科学者の直感から生まれるように、イノ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年01月27日

    かなりわかりやすくて読みやすいので、本当にすぐ読めます。ところどころに入っているそれもアップルやソニー、任天堂などのケーススタディも◎。
    池田さん自身が電子書籍のベンチャー企業を立ち上げていることもあり、後半電子書籍の話が掲載されていましたが、それも分かりやすく興味を持ちました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年01月22日

    合理性の仮定を置かない行動経済学と進化ゲーム理論を駆使してイノベーションの必要条件を探るということらしい。もちろんノウハウ本ではないので、こうすればイノベーションができますという簡単な解説にはなっていない。新しい経済理論の参考書という感じ。スパスパと分析解析する多数の身近な実例がわかりやすい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年01月09日

    イノベーションとは何かという問いに対して十の仮説を行動経済学とゲーム理論を基にIT業界の中心とした数多くの事例(これだけでもソフトバンクの例などとても面白い)を挙げ検証する。

    前述の十の仮説を引用する。

    1.技術革新はイノベーションの必須条件ではない。
    2.イノベーションは新しいフレーミング(市...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年01月04日

    過去の事例を示しながらイノベーションとは何かを語っているのは、他の本と同じ形ではありますが、自分にとって身近な話題が多くわかりやすくて面白かったです。「日本企業が優秀な人材と要素技術を持ちながらイノベーションを生めないのは、過剰に空気を読むコンセンス型の企業文化がフレーム転換を阻害し、初期のうちにあ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年11月27日

    「イノベーションとは何か」というタイトルでありながら、書かれているのは「イノベーションを阻害するものは何か」である。
    かつては日本的な産業的・経営的な構造がイノベーションに有利だったが、現在では行き詰まりを見せている。
    本書では、その打開策は与えられていないが、妨げているものは明らかにされる。

    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年10月05日

    池田さんは、NHK出身の経済学者。

     過激な発言、もっともなんだけど、もうちょっと言い方ないのかな、というレベルの発言なので、よく、ツイッターとかブログが炎上するらしい。

     自分は、明確な論理展開が気にいっているが、あおきさんのように、マナーが悪いと指摘する人もいる。

     評価が分かれている人。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています