小山太一のレビュー一覧

  • 自負と偏見
     終始、面白可笑しい皮肉調で描かれているから、クスクス笑いながら読んでしまう。何か衝撃的な出来事があるわけではないけど、全場面が楽しくて、非常に好きな作品になった。つまらない場面が全くなかった。

     登場人物の生き方はみんな違っていて、それぞれの生き方は悲しかったり、惨めだったり、皮肉に思えたりする...続きを読む
  • 自負と偏見
    250年前でも恋の始まりは同じ「フッ面白い女」
    エリザベスもミスター・ダーシーも己の「高慢と偏見」をお互いによって乗り越えて愛を結んだのが美しくて誠実で素晴らしい。どなたかの言葉でオースティンの小説は絵のない漫画のよう、というものがあったけどまさにその通りで、言葉によって作られる世界の鮮やかさと変わ...続きを読む
  • 自負と偏見
    200年前の作品とは思えないほど、作中人物が躍動している。思わず身近な人物を投影してしまうというのは、まさにこの小説がいまだに命を失っていないという何よりの証拠だろう。古典的ということは普遍的ということだ。
    なまじ安易なヒューマニズムを振りかざす”社会派”なものを読むよりもこちらの方が、世の中のティ...続きを読む
  • ジーヴズの事件簿 才智縦横の巻
    金持ちの坊ちゃんバーティと従僕(召使、執事のようなものでしょうか)のジーヴズ。
    気のいい青年であるバーティは、いささかぼーっとしたところがあり、不労所得で生活していることもあってか、周囲の友人や結婚させようと縁談を持ってくる恐ろしい叔母のためにいつも厄介ごとに巻き込まれています。
    そのトラブルを、颯...続きを読む
  • 自負と偏見
    タイトルから古典的名作であるということだけは知っていたが、ここまで正統派な恋愛小説であるとは思いもしなかった。

    エリザベスがダーシーに対する気持ちを変化させていく描写や、リディアの駆け落ちをきっかけに彼への愛を自覚する場面では不覚にもときめいてしまった。最終的に二人はどうなるのかが知りたくてたまら...続きを読む
  • 自負と偏見
    おもしろかった!!

    昔に書かれた本なのに、友達の話を聞いているみたいだった。(いい意味です)この世界の片隅に の すずさんを、友達と感じるようになるのと同じで。

    久しぶりに夢中になって読みました。
  • ジーヴズの事件簿 才智縦横の巻
    話題になってから半年、ようやく読みました。有能な執事が仕えているのは、頭脳と色彩感覚に問題のある主人。自分自身も始終厄介ごとに足を突っ込むが、さらに惚れっぽい友人がいて、助けを求めてくる。ジーヴスの機知により、気がつくと難局を脱している。鮮やかすぎるくらいの手際で、胸がスッとする。軽く読めるシリーズ...続きを読む
  • 自負と偏見
    キーラ・ナイトレイ主演のこの映画を見なきゃと随分前に録画していて、その前に原作を読もうと購入。そうだ、恋愛ってこういう事だよなぁ。階級がはっきりしていた時代の話だけれど、普遍性を感じた。ダーシーのはじめの告白、断られたあとエリザベスに書き渡した手紙、そこからのエリザベスの思いの変化...何度も読み返...続きを読む
  • ジーヴズの事件簿 大胆不敵の巻
    大好きな一冊。
    旅行の時とかに持って行きたい。
    イギリス的ブラックユーモアも面白く、電車の中でにやけてしまうので注意が必要です。
    バーディを助けるジーヴズが意外と意地悪な方法だったり、バーディ的にはアウトかな!?な話も多かった。
    ビンゴが結婚してビックリした。
  • ジーヴズの事件簿 才智縦横の巻
    はちゃめちゃに面白かった。
    バーディとジーヴズ、主人と執事(作中では従僕となっておりますが執事で脳内変換して読みました)の掛け合いが見事に小気味よく、読み終わった後、もう一度最初に戻って読みました。
    イギリス、ロンドンを舞台に様々な人によって持ち込まれるトラブルをジーヴズの知恵と機転によって解決して...続きを読む
  • 自負と偏見
    イギリス文学が好きだった若い頃を、先日訪れたイギリスで思い出し、エマ、自負と偏見を立て続けに読み返しました。
    200年前に書かれたとは思えない普遍の人間模様。
    次女のエリザベスの自由奔放でありながら、美しく聡明な姿とイギリスの田園風景。
    脇を固める少し(どころではなく)イラッとくるような登場人物たち...続きを読む
  • 自負と偏見
    お恥ずかしい限りなのだが、自分はこの「高慢と偏見」(当本では「自負と偏見」)という題名のせいで、過去30年の間とんでもなく間違った認識を持ち続けていた!

    実は旧訳でも、英文でも最初の1ページだけ読んでいたのだが、どれだけ多くの難解な哲学的抽象論を越えて行かなければならないのか?と思わせる書き出しで...続きを読む
  • 自負と偏見
    「高慢と偏見」
    気になっていて、ずっと気になっていた作品であったが、他出版社から出ている訳版に挫折。

    あるサイトで、初心者向けの訳を探してこちらを購入。


    とても読みやすく、ダーシーとエリザベスを始めとする各登場人物の感情、変わっていく様がとてもよかった。

    もちろん主人公のダーシーが高慢だと気...続きを読む
  • ジーヴズの事件簿 大胆不敵の巻
    大好きなシリーズ。ジーヴズが完璧で、バーティが間抜けで、最後はジーヴズが全て解決してくれる。
    話の結末は全て似たようなものだから安心して読めるし、何より二人の会話が好き。滲み出る知性も。
  • ジーヴズの事件簿 才智縦横の巻
    美智子さま愛読図書と帯に書いてあったのにつられて購入しましたが、最高でした。主人公と執事のやりとりが洒落ていて読んでいて楽しいし、短編集なのでさらりと読める。続編も買いました。はまる…。
  • ジーヴズの事件簿 才智縦横の巻
    軽く、さくっと読める。
    こういうのを上質な、というのだろうなぁ。
    一般大衆の僻みを捨てて、ただ楽しんで読めばよいのよね。
  • ジーヴズの事件簿 才智縦横の巻
    面白すぎます!
    会話や言葉のユーモアで全体的にじわじわ面白い。疲れた時、落ち込んだ時はあったかい飲み物とジーヴス。
    翻訳者さんの言葉のチョイスもすてき。
  • ボートの三人男~もちろん犬も~
    ジョージ、ハリス、犬のモンモランシー(かわいい名前だけどアグレッシブ)、そして語り手Jがボートに乗ってテムズ河を2週間旅する話。

    すっごいおもしろかった。なんでボートの旅をすることになったか、からして笑える。出てくるエピソード一つひとつが笑える。特に好きなのはポジャー伯父さんの話とハリスのコミック...続きを読む
  • ジーヴズの事件簿 大胆不敵の巻
    頭の弱いお人好しのバーティーと、完全無欠な執事のジーヴズのコンビシリーズ、第二弾。

    バーティーを取り巻くメンツは第一弾の「才智縦横の巻」で出てきた顔ぶれと同じで、バーティーの子ども時代からの友人のビンゴ・リトルは女性を見れば誰であってもとりあえず惚れるというのは相変わらず。バーティ―の従兄弟の双子...続きを読む
  • 自負と偏見
    外国文学は苦手意識があったけれどこれはとても読みやすかったです。
    登場人物の個性がしっかり書き表されていて楽しいし、ストーリーも後半になるにつれぐいぐい惹きこまれ先が気になって仕方がなかったです。
    だから長いけど途中でだれることなく読めたし読み切って良かったと思いました。
    本って、人によって好きにな...続きを読む