「ジェローム・K・ジェローム」おすすめ作品一覧

【ジェローム・K・ジェローム】の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2011/03/18更新

ユーザーレビュー

  • ボートの三人男
    軽妙な話
    モンモランシーを含めてみんないいキャラクターをしてる
    モンモランシーがでかい(?)猫にちょっかい出しかけるあたりが面白かった

    コニー・ウィルスの「犬は勘定に入れません」を読む前に読んでおきたかったので読んだ
  • ボートの三人男
    「話がわきにそれる」というけれど、これはそのわき道寄り道を楽しむ本、かな。
    行き先を決め、計画を立て、荷物を選んで詰めて、とここまでだけでもすったもんだどったんばったん、ああでもないこうでもないとひと悶着!
    ミョ~なプライドと屁理屈いいわけを共にした3人の紳士(?)と1匹の舟旅。
    舟を曳く場面やイギ...続きを読む
  • ボートの三人男
    イギリス人って、映画もそうですが、なんともいえないユーモア感がありますよね。
    そしてこういう自虐がほんとにうまい。
  • ボートの三人男
    ロンドンはいつだって曇り空。憂鬱な天気を吹き飛ばす気概もない夜にはこんな本がよく似合う。ダメ・だめ・駄目な残念三銃士と1匹が繰り広げる、テムズ河におけるボート旅でのズッコケ道中。脱線と回想を繰り返す内容は人生に目的など不要だと諭してくれるダメダメ臭が溢れているはずなのに、時折挟まれる美しい風景描写や...続きを読む
  • ボートの三人男
    ユーモア小説といったらこれとウッドハウスくらいしか思いつかない。他にもあるのかしら。もしご存知の方がいらっしゃったら、教えてください。

    ボートでテムズ川下りというストーリーはあってないようなもので、この本の真髄は枝葉末節にある。これ以上ないほどどうでもいいエピソードが仰々しい美文によって綴られる、...続きを読む