伯爵と妖精 愛の輝石を忘れないで

伯爵と妖精 愛の輝石を忘れないで

作者名 :
通常価格 561円 (510円+税)
獲得ポイント

2pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

プリンスの組織からリディアを護るため、そして二人の将来のため、決死の覚悟とともにリディアと離ればなれになることにしたエドガー。アーミンとともに組織に入りこみ、プリンスになったふりをするのだが……。一方、リディアはフランシスや仲間たちとともに妖精国(イブラゼル)に向かう船に乗り込むのだが、船には危険すぎる罠が仕掛けてあって!? 信じる気持ちは永遠に不滅! 二人の愛に奇跡が起こる! ※あとがきは収録されていません。

ジャンル
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社コバルト文庫
ページ数
304ページ
電子版発売日
2018年12月21日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
7MB

関連タグ:

書店員のおすすめ

スコットランドのエジンバラ近郊の町に住むリディアは、妖精について何でも知っているという妖精博士(フェアリードクター)の看板を掲げて、妖精がらみのあれこれを解決する仕事をしようとしているが、産業革命によって街灯が輝き、鉄道が走るようになったヴィクトリア朝のイギリスでは妖精はすっかりおとぎ話扱いで、村人から変わり者の娘として遠巻きに見られるばかり。ある日、ロンドンで博物学の教授をしている父からイースターを一緒に過ごそうと誘われてロンドンへ向かうものの、途中でトラブルに巻き込まれて知り合ったエドガーという男性から、自分が妖精国に領地を持つ伯爵家の子孫であることを証明するために力を貸してくれと頼まれ、フェアリードクターの仕事として引き受けることにするが…という形で始まる長編ファンタジー小説です。
妖精が見えることで人間とうまくやれないリディアと貴族らしい見た目と言動にもかかわらず闇を抱えているエドガーが、徐々に明らかになる彼の過去や妖精の絡む事件などを通じて、本当に少しずつ心を通わせていく描写が細やかで、読んでいてグッときます。主人公以外の登場人物も個性豊かで、かなりの長編にもかかわらず、スムーズに読み進めることができますが、先が気になり過ぎて夜更かししてしまうかも。個人的には、鉱物好きにもオススメしたいお話です。

    Posted by ブクログ 2010年12月07日

    ついに!という感じの巻でした。
    早く幸せにしてあげて!と叫びたくなりましたね。
    フランシスの正体も気になります。
    それぞれの思惑が交差しながら物語が進んでいくので、面白いです。
    エドガーとリディアが再び会えることを祈ります。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年12月04日

    1日で読み終わった。今回は切ない分、甘い時間がキュンキュンしました。初めて、エドガーがかっこよかった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年03月29日

    シリーズ第23巻。エドガーとリディアが別行動をしていても回想シーンを上手く使っていて、あまり読み手も寂しくなりませんでした。次回が気になる!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年06月29日

    文庫は旅行用、と取っておいた挙句、一年も放置してしまった…。
    物語もいよいよ佳境です。
    ブリンスを装い、組織に身を投じたエドガーとは、もうある程度の決着がつかないと会えないんじゃないかと思っていただけに、ちょっと驚きの展開。

    それぞれの恋の行く末も、何となく見えてきた感じですが、徐々にアイテム(ア...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年03月05日

    エドガーの苦渋の決断。
    全ては自分の中のプリンスを葬る為。
    でも、それは極めて危険な賭けの様なモノ……。

    そんな彼の選択を受け入れ、尚且つ、伯爵家の面々を妖精国へ導いて行かねばならないリディアが切ない;;
    が、その苦難をも絆に変え、愛を深めて行けるようになったリディアとエドガーに拍手を贈りたい。
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年01月24日

    もうシリーズ何作目か数えられないお話。いよいよ終盤が近づいてきたのかなという感じで、これからさらに苦難が待っていそうですが無事に乗り越えて欲しい…。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年01月04日

    本編ということで糖度は低めでしたが、いよいよ大詰めといった感じです。エドガーがついにプリンスの力を解放か!?

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年12月04日

    プリンスの記憶を完全解放したエドガーはどうなってしまうのか。リディアたちは無事妖精国に辿り着けるのか。次巻はリディアに活躍してもらわねば・・・!フランシスは謎が多いままです。不老ってことには少しびっくり。次巻が楽しみです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年12月04日

    1日で一気読みしました。
    これからもう一度返し読みします。

    クライマックスに近づいてます。
    終わってほしくないです!
    でもゆっくり進んでいきますね。

    以下ネタバレ有
    1日発売でまだ日が経ってないのでご注意ください。



    妖精国へ出航するリディア。
    プリンスの記憶を解き放ったエドガー・・・。

    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年05月25日

    読み終わったのいつか忘れたくらいいろいろ多忙でした……
    プリンスのふりをして組織に乗り込んだエドガー、エドガーにかわって伯爵家をまとめる立場に立ったリディア。いよいよ妖精国に向けて出発! しかしブーヴァンシーの魔の手により、みんなが疑心暗鬼に陥ってしまい……

    エドガーとリディアだけじゃなくてポール...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

シリーズ作品 1~32巻配信中

※予約作品はカートに入りません

21~30件目 / 32件
  • 伯爵と妖精 愛しき人へ十二夜の祈りを
    新婚カップルの妖精博士(フェアリードクター)のリディアと口説き魔伯爵エドガーのまわりは、いつも賑やか! 妖精たちと個性的な仲間たちが巻き起こす不思議な事件の数々に翻弄されながらも、さらに強い愛情を確認する日々…! エドガーがシルヴァンフォードにいた少年時代の物語と、二人の将来を案じさせる書きおろし表題作「愛しき人へ十二夜の祈りを」など、愛と涙がぎゅっとつまった、ときめきの短編...
  • 伯爵と妖精 永久の想いを旋律にのせて
    甘い新婚生活を送る妖精博士(フェアリードクター)のリディアと妖精国伯爵(ロード・オブ・イブラゼル)のエドガーだったが、不気味な猛獣・ナックラヴィーがリディアを狙ってきて!? 不吉な予言が影を落とすなか、リディアとエドガーたちはコーンウォールに向かう。ナックラヴィーを操るテランという男の正体は? その背後に見え隠れするアーミンの目論見とは? リディアを救うため、二人の愛を守るた...
  • 伯爵と妖精 愛の輝石を忘れないで
    プリンスの組織からリディアを護るため、そして二人の将来のため、決死の覚悟とともにリディアと離ればなれになることにしたエドガー。アーミンとともに組織に入りこみ、プリンスになったふりをするのだが……。一方、リディアはフランシスや仲間たちとともに妖精国(イブラゼル)に向かう船に乗り込むのだが、船には危険すぎる罠が仕掛けてあって!? 信じる気持ちは永遠に不滅! 二人の愛に奇跡が起こる!...
  • 伯爵と妖精 あなたへ導く海の鎖
    リディアの乗った船が妖精国(イブラゼル)に出航するのを見届けたエドガーは、覚醒し始めたプリンスの意識を抱えて組織に君臨しようとしていた。妖精国への道のりの中継地点であるという幻の国「リオネス」を探し始めたリディアの目の前に不思議な少女が現れて…。リディアの命を狙う組織からエドガーはリディアを救えるのか…!? そして、妖精国の道しるべをリディアたちは突き止めることができるのか…!? ...
  • 伯爵と妖精 情熱の花は秘せない
    プリンスの組織にとらわれてしまったリディアは身を守るため、エドガーの子供を妊娠しているととっさに嘘をつく。しかし怪しんだテランが産婆を連れてきて…!? 自らのなかのプリンスが半分目覚めてしまったエドガーは、組織の目を欺くため、リディアに対し思い切った行動に出るのだが…。エドガーとリディアが再びひとつになる…!? 大人気ファンタジー、ドラマティックな佳境へ突入! ※あとがきは収録され...
  • 伯爵と妖精 真実の樹下で約束を
    テランの手を逃れ、再び一緒に妖精国(イブラゼル)を目指し始めたリディアとエドガー。時折自分のなかで暴れ出すプリンスを意志の力で抑えようと苦しむエドガーを、リディアは傍で必死に支える。スワンの船を降りボートに乗り込んだリディアたちは、カテーナの道しるべを目印に妖精国へと漕ぎ出す。そして念願だった妖精国上陸を遂に果たすのだが、青騎士伯爵が不在だった妖精国は崩壊の危機にあって!? ※...
  • 伯爵と妖精 恋よりもおだやかに見つめて
    ともに妖精国(イブラゼル)に上陸し、その危機を救うことに成功したリディアとエドガー。しかしその結果、エドガーの記憶はプリンスに誘拐された時以降のことは消えてしまった。つまりそれは、リディアに関する記憶も消えたことを意味していた…。「きみへの愛は、記憶なんかなくてもここにある。何度でもきみを好きになる…だからもう一度、僕と結婚してくれるね?」そう言っていたエドガーなのだが!? ※あ...
  • 伯爵と妖精 オーロラの護りを胸に
    英国に上陸したリディアたちは、プリンスの手先に襲撃された。さらに体調を崩したリディアの身を案じて、エドガーはある老姉妹の屋敷に身を寄せることに。老姉妹に、生き別れの甥と勘違いされて歓待されるエドガー。屋敷に滞在していた男爵令嬢とエドガーが親しくするのを見て、リディアは複雑な気持ちになるが…。そんな時、体調が悪いのは妊娠したからではないかとケリーに指摘されて!? ※あとがきは収録...
  • 伯爵と妖精 祝福の子か夜の使者か
    記憶をなくしたエドガーに改めてプロポーズされたリディア。嬉しく思いながらも、お腹の子のことを知られないよう神経を尖らせていた。そんな時、プリンスの組織に捕われたフランシスから助けを求める手紙が来る。文中に暗号が隠されていることに気づいたエドガーは、ニコとレイヴンを調査に向かわせた。一方、パトリックの依頼を受けてアウローラの故郷に向かったカールトンが見たものは…。※あとがきは収...
  • 伯爵と妖精 祈りよアルビオンの高みに届け
    再び結婚を決めたエドガーとリディア。だがエドガーの記憶が戻りそうな様子をみて、リディアは気をもんでいた。ロンドンの街を守護しているロンドン橋で魔力の気配を感じ、ふたりは橋へ向かうが、そこに待ち構えていたのはテランだった…。一方、妖精国(イブラゼル)に上陸したフランシスの前に、リディアの子だと名乗る少年が現われる。少年は両親の危機を救うため、ある人の姿で二人のもとに向かうが!? ...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「伯爵と妖精」に関連する特集・キャンペーン