思い出のとき修理します 1
  • 完結

思い出のとき修理します 1

作者名 :
通常価格 437円 (398円+税)
紙の本 [参考] 460円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

仕事にも恋にも疲れた元美容師の明里は、子供の頃に少しだけ過ごした商店街にあるヘアーサロンに引っ越すことに。 『おもいでの時 修理します』という奇妙なプレートを掲げた時計屋の青年・秀司、風変わりで少々毒舌な大学生・太一と親しくなった明里は、商店街で起こる不思議な事件に巻き込まれていくが…?

カテゴリ
少女・女性マンガ
ジャンル
女性マンガ
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
ココハナ
ページ数
219ページ
電子版発売日
2013年12月25日
紙の本の発売
2013年09月
サイズ(目安)
39MB

思い出のとき修理します 1 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年11月07日

    小説を読んでいて、マンガが出ているのを知って、思わず購入。小説と画の雰囲気があっていて、お気に入り。思い出だけの土地で暮らすってどんな感じなんだろう。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年10月04日

    原作は買ったはずなのにどこにあるのやら…
    まだ読んでません☆

    現実の中で生きる人たちの
    やさしいつながりがいい空気をつくりだしてます。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ購入済み

    J 2020年02月21日

    このお話に、小説版で出会ってからはや5年以上経ちますが、未だに大好きな作品です。漫画も全巻一気に購入しました。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2017年08月11日

    【あらすじ】
    仕事にも恋にも疲れた元美容師の明里は、子供の頃に少しだけ過ごした商店街にあるヘアーサロンに引っ越すことに。 『おもいでの時 修理します』という奇妙なプレートを掲げた時計屋の青年・秀司、風変わりで少々毒舌な大学生・太一と親しくなった明里は、商店街で起こる不思議な事件に巻き込まれていくが…...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

思い出のとき修理します のシリーズ作品 全6巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~6件目 / 6件
  • 思い出のとき修理します 1
    完結
    仕事にも恋にも疲れた元美容師の明里は、子供の頃に少しだけ過ごした商店街にあるヘアーサロンに引っ越すことに。 『おもいでの時 修理します』という奇妙なプレートを掲げた時計屋の青年・秀司、風変わりで少々毒舌な大学生・太一と親しくなった明里は、商店街で起こる不思議な事件に巻き込まれていくが…?
  • 思い出のとき修理します 2
    完結
    時計屋さんが好き。兄を亡くした秀司の辛い過去を知った明里は彼への想いを自覚するが、どうしてもあと一歩、恋に踏み込めずにいた。それは明里自身のある思い出が原因だった──。人気小説のコミカライズ第二弾。
  • 思い出のとき修理します 3
    完結
    恋人同士になった明里と秀司。いつもストレートに気持ちを伝えてくれる秀司といて、明里も少しずつ素直な女の子に変わり始めた。明里は、高校時代の先輩・弘樹と偶然再会。弘樹は秀司に「石の時計」を直して欲しいと、無理難題を押し付けてきて…!?
  • 思い出のとき修理します 4
    完結
    同窓会で出会った同級生に時計の修理を頼まれた秀司。しかしその時計は高校時代からいわくつきのもののようで…。一方明里は、秀司と付き合うようになり、自分の家族のことをなかなか打ち明けられないことを気にかけていたところに…?
  • 思い出のとき修理します 5
    完結
    秀司が世話になっている骨董屋の娘・郁美が携帯を捜して津雲神社へ行くと、そこには逆回りする時計が置いてあり……。更に師走のある日、飯田時計店に一癖ありそうな男性が、明里を訪ねてやってきて、物語は意外な方向へ動きだす。
  • 思い出のとき修理します 6
    完結
    かつて大判焼き屋をやっていて現在空き家の安西商店から、物音がするということで秀司たちが行ってみると……。更に、秀司に再び独立時計師を目指さないかという話が…。ヒットシリーズはついにクライマックスへ!

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています