異人館画廊 幻想庭園と罠のある風景

異人館画廊 幻想庭園と罠のある風景

作者名 :
通常価格 583円 (530円+税)
紙の本 [参考] 627円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

名画を模した庭園にこめられた謎――話題の美術ミステリー!! 図像術の絵を求めて、離島に住むブリューゲルのコレクターを訪ねた千景。絵の持ち主・波田野は、邸の庭園でブリューゲルの絵を再現しようとしているらしい。庭園を完成させれば絵を見せると言われた千景は庭園の謎を追うが、透磨はそれが千景の父・伸郎の設計だと気づく。父の見えない悪意に苦しむ千景は、さらに波田野の息子が起こした事件に巻き込まれてゆき…。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ミステリー
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社オレンジ文庫
ページ数
288ページ
電子版発売日
2015年10月23日
紙の本の発売
2015年08月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

関連タグ:

異人館画廊 幻想庭園と罠のある風景 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2016年04月21日

    ■名画を模した庭園にこめられた謎――

    図像術の絵を求めて離島に住むブリューゲルのコレクターを訪ねた千景。波田野は邸の庭園でブリューゲルの絵を再現し、そこに図像術を込めようとしていた。庭園を完成させれば絵を見せると言われた千景は庭園の謎を追うが、透磨はそれが千景の父・伸郎の設計だと気づく。父の見えな...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年09月09日

    千景と透摩の関係に少し動きがありました。
    どちらも少し素直になったような気がします。

    そして、千景の父親も名前だけですが登場。
    でも娘のことをあまり好いていないようですね。
    なんだかなー・・・。

    それに京一の空気の読めなさにはイライラしました。
    千景の過去を知らないわけないはずなのになんでそんな...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年12月04日

    透磨と千景の関係にも少しずつ変化が出てきたのかな…。
    お互いに複雑な気持ちのままではあるけれど。
    美術には疎いので何とも言えませんが、謎解きと二人の関係性を追うだけでも面白い

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年11月23日

    今回はミステリー色強めでした。
    ブリューゲルの図像術の絵、特定の人間に効果ってそんな範囲とかまで設定出来ちゃうのか??
    そう言うモノがリアルにあるのかな??
    あるならお目にかかってみたい。
    二人の関係もちょこっと進んだ…と思うがどうだろう。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年02月04日

    千景と透麿の心の距離がぐっと近づいた気がする。素直に言葉にはしないけど、お互いに相手を気にかけているのがわかり微笑ましい。透麿と京一も何だかんだで相手の良いところは認めているのが面白い。今後も楽しみです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年11月27日

    このふたりはほんとくっつきそうでなかなかくっつかない…でもそれが良いし前よりはお互いちょっとずつ近づいてる気がしてとてもきゅんとする…透磨くんほんとすきです…あと瑠衣さんみたいな女性に憧れる!
    名前は聞いたことあるけど知らない画家ばかりなので今回もブリューゲルの絵が気になったし、いろいろ図像学につい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年10月25日

    内容(「BOOK」データベースより)
    図像術の絵を求めて、離島に住むブリューゲルのコレクターを訪ねた千景。絵の持ち主・波田野は、邸の庭園でブリューゲルの絵を再現しようとしているらしい。庭園を完成させれば絵を見せると言われた千景は庭園の謎を追うが、透磨はそれが千景の父・伸郎の設計だと気づく。父の見えな...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年09月12日

    このシリーズも3巻目ですが、どうも、盛り上がったところで急に失速するというか、いつも肩透かしをくらったように感じます。
    ミステリのカテゴリーではないので、種明かしをしたり、衆人環視の元謎解きをする必要はないのでしょうけど、それにしても物足りない。で、結局あのひとは、なんでそれをしてたのさ!の部分が未...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年09月06日

    このシリーズだけでなく、「思い出のとき修理します」も、「ガラクタ屋と月の夜話」も、親子の確執が根底にあるみたい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年08月25日

    恋愛小説としてみると、非常にもどかしい作品です。今回はなんか救われる話でした。人を陥れるばかりが図像術ではないということですね。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

異人館画廊 に関連する特集・キャンペーン