伯爵と妖精 プロポーズはお手やわらかに

伯爵と妖精 プロポーズはお手やわらかに

作者名 :
通常価格 550円 (税込)
獲得ポイント

2pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

妖精と話ができる少女リディアは、口説き魔でいわくつきの過去を持つ伯爵エドガーに雇われる妖精博士(フェアリードクター)。ある日、彼女のもとに野の花の妖精が現れた。青騎士伯爵であるエドガーを妖精女王の花婿として迎えに来たのだが、花婿に渡すはずの「月」を盗まれてしまったというのだ。同じ頃、リディアの故郷から獰猛な妖精ケルピーがやってきた。リディアは彼にプロポーズされたことがあって……!? ※あとがきは収録されていません。

ジャンル
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社コバルト文庫
ページ数
288ページ
電子版発売日
2018年11月22日
コンテンツ形式
EPUB

書店員のおすすめ

スコットランドのエジンバラ近郊の町に住むリディアは、妖精について何でも知っているという妖精博士(フェアリードクター)の看板を掲げて、妖精がらみのあれこれを解決する仕事をしようとしているが、産業革命によって街灯が輝き、鉄道が走るようになったヴィクトリア朝のイギリスでは妖精はすっかりおとぎ話扱いで、村人から変わり者の娘として遠巻きに見られるばかり。ある日、ロンドンで博物学の教授をしている父からイースターを一緒に過ごそうと誘われてロンドンへ向かうものの、途中でトラブルに巻き込まれて知り合ったエドガーという男性から、自分が妖精国に領地を持つ伯爵家の子孫であることを証明するために力を貸してくれと頼まれ、フェアリードクターの仕事として引き受けることにするが…という形で始まる長編ファンタジー小説です。
妖精が見えることで人間とうまくやれないリディアと貴族らしい見た目と言動にもかかわらず闇を抱えているエドガーが、徐々に明らかになる彼の過去や妖精の絡む事件などを通じて、本当に少しずつ心を通わせていく描写が細やかで、読んでいてグッときます。主人公以外の登場人物も個性豊かで、かなりの長編にもかかわらず、ス ...もっと見る

Posted by ブクログ 2013年02月04日

シリーズ第三巻。ここからは漫画にないので思わず一気に読破。ケルピー登場。婚約シーンもどきどき。筆者さんがあとがきでも言っていたように、エドガーが英語で口説き文句を言っていると考えたら、妙にしっくり。登場人物のやりとりが面白い。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年08月29日

ケルピー初登場。
あきらかに当て馬なんだけど、エドガーにはいい薬。挿絵は美しくてかっこよいんだけど、巻き毛に見えないのは気のせいですか……?

前の巻では、好きになるかどうか知るためにデートする的なことを言ってたエドガーは、三巻目にしてすでにその気。予想してたより展開早かった。
早かったといえば、前...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2012年06月25日

3巻目にして最初の結構切ないシーンきた
そしてケルピーとポールは初登場だったね
にしてもポールがさ、他のキャラと違って、今とキャラ違くない? 今の方が絶対小心者でヘタレ・・・パーティーのシーンとか本当、誰かと思ったよ
その一方でケルピーって本当に彼なりにリディアが好きなんだなって感じ エドガーと違っ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年07月08日

エドガー以外にリディアを巡る人物が出てきて、ようやくラブロマ的に面白くなってきました。エドガーの勢力的にも強くなったかな。なのに私はここまでしか持っていないー。今度買ってきます。エドガーとリディアのカップルが一番好きですが、キャラ的にはポール、ケルピーかなあ。
私はやっぱりこういうピュアな少女小説が...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2008年04月09日

【伯爵と妖精シリーズ 第3弾】

------------------------------------
『満ち欠けをくり返す、あの月を贈ってくださるなら』
〜〜〜
青騎士伯爵を妖精女王の花婿として迎えにきた野の花の妖精マリーゴールドが持ってきた“月”をめぐり大騒動。
意思に反して妖精に連れ去られ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています