血の轍(1)

血の轍(1)

作者名 :
通常価格 648円 (税込)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

「惡の華」「ハピネス」「ぼくは麻理のなか」「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」など、傑作を次々と世に送り出してきた鬼才・押見修造氏が、ついに辿り着いたテーマ「毒親」!

母・静子からたっぷりの愛情を注がれ、平穏な日常を送る中学二年生の長部静一。しかし、ある夏の日、その穏やかな家庭は激変する。母・静子によって。狂瀾の奈落へと!

読む者の目を釘付けにせずにはおけない、渾身の最新作!!

ジャンル
出版社
小学館
掲載誌・レーベル
ビッグコミックスペリオール
ページ数
216ページ
電子版発売日
2017年09月08日
紙の本の発売
2017年09月
コンテンツ形式
EPUB

新刊オート購入

ジャンルは謎だけど引き込まれる

レオンハルト 2017年12月19日

大人しい主人公と、その主人公のパーソナルエリアを微妙に厚かましい感じで侵害する周囲の人間という、現実でも多々あり得る状況の中進むストーリーに異様に引き込まれます。マンガやアニメでよくあるキャラの心理描写などが全くなく、キャラたちの淡々としたやり取りだけでストーリーが進行していくのもその異様さの要因だ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

悪の華を越える作品

かずかず 2017年12月19日

惡の華から、この作者のファンです。惡の華、僕まり、と呼んできましたが、今までで一番先が気になる作品です。母と息子の関係を描いている作品ですが、最初から不穏な空気が漂っています。単純に息子が可愛くて仕方がない、母親とその息子ではなく、そこには愛情がいきすぎた故の狂気のようなものが描かれています。狂った...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

この母の表情

ぼると 2017年12月07日

ドラマ化もされた僕は麻里のなかの著者押見修造の最新作である。

特に大きなドラマがあることのなく始まる導入部。

白い紙面そこに描かれているありきたりの日常。

中学生の息子と母 キレイな母であるのだけどどこか違和感が…

息子の幼き日の記憶を聞いたその時の母の表情に...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年10月08日

表情というか、口の描写がすごく好き。

テーマは毒親、らしいけど、母親以上に父親とその親戚の方が毒が強い気がするけど。

自分も男の子の母親だけど、息子って無条件に可愛いんだよね。
ついつい過保護になっちゃうのもわかる。

このレビューは参考になりましたか?
購入済み

しんどいよー

しん 2018年09月28日

重い系の漫画大好きな自分としてはこの漫画は超タイプですね
表紙からしてしんどいってなかなか凄いと思いますよ
展開が読めないけどこの作者にこの話、これは鬱展開になる事でしょう
さぁドンドン俺を鬱にさしてくれ!

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play