「押見修造」おすすめ作品一覧

「押見修造」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:押見修造(オシミシュウゾウ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1981年
  • 出身地:日本 / 群馬県
  • 職業:マンガ家

2002年ちばてつや賞ヤング部門優秀新人賞受賞。TVドラマ化された『漂流ネットカフェ』、『悪の華』は話題を集めた。『悪の華』は「このマンガがすごい! 2011」のオトコ編で第10位にランクインしている。

無料・値引き作品コーナー

配信予定・最新刊

作品一覧

2017/12/15更新

ユーザーレビュー

  • 【期間限定 無料お試し版】漂流ネットカフェ 7巻

    久々完読

    以前連載されていた時ずっと読んでいましたが先が知りたくて連載日になるのが待ち遠しかったのを覚えています。
    今回何と最終話まで無料で読めるということでDLして一気に完読しました。。
    数十年前と変わらず面白く読み応えがありました。
  • 【期間限定 無料お試し版】漂流ネットカフェ 7巻

    無料だったので

    一気読みしましたが、めっちゃ楽しかった
  • 血の轍(1)

    今後の展開が気になる

    近年では育児放棄が社会問題になっていますが、この漫画を読んでいると行き過ぎた過保護も子供や周りの人を不幸にするのだろうと思いました。また、回を追うごとに主人公の母親は過保護というレベルではなくなり、内面から物凄い闇が溢れ出てきているので、今後どのくらいドロドロした展開になるのかすごく気になります。
  • 血の轍(1)

    毒親の漫画表現

    押見先生はファンタジー要素をメインにして人間の機微等を表現したりしますが、悪の華に続きファンタジー要素がなく真っ向から人間の多様な思考、人間の怖さが垣間見られる。最初はこの人の行動変だなぐらいのちょっとした違和感からはじまり、その違和感がどんどん大きくなり、理解不能な行動を起こした後も不可解な表情、...続きを読む
  • 血の轍(1)

    作者の良さが詰まっている!

    一巻だけ読んだのですが、物語の雰囲気の緩急がすごい。幸せそうに見えた日常から、急に絶望の淵へ落ちてしまう感じ。 本作者さんの作品は何点か読んでいるのですが、鬱になる展開が多め。それが良さではあるので、つい手に取ってしまうのですが。

    闇を抱える人間達のサスペンス漫画。人間の心中が良く描かれて...続きを読む

特集