押見修造の一覧

「押見修造」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:押見修造(オシミシュウゾウ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1981年
  • 出身地:日本 / 群馬県
  • 職業:マンガ家

2002年ちばてつや賞ヤング部門優秀新人賞受賞。TVドラマ化された『漂流ネットカフェ』、『悪の華』は話題を集めた。『悪の華』は「このマンガがすごい! 2011」のオトコ編で第10位にランクインしている。

無料・値引き作品コーナー

配信予定・最新刊

作品一覧

2020/06/03更新

ユーザーレビュー

  • 血の轍(8)
    目がイッテて怖いw 父親なんでキレた? こりゃフロイトのいう”抑圧されたものへの回帰”だな。近親相姦的固着、二人精神病、母ー胎児 の関係。押見作品は途中で飽きるケースが多くて今回もそうかなあ?と思ったけど、中盤から盛り返してきた。色んな要素が絡みまくってて面白い。特に目、目がすべてを表している!モヤ...続きを読む
  • 志乃ちゃんは自分の名前が言えない
    吃音については知っていたけどこうして読んでみると実際に出会ったとき理解できるかがすごく不安になった。

    担任の先生みたいに「がんばろう」とか言っちゃうかもしれない…。現時点でそんな感じだから子どものころだったらなおさらだろう。

    どうすれば理解してもらえるんだろうと考えている方がいる反面、どうすれば...続きを読む
  • 血の轍(1)
    狂気の母親が義理の姉さんの子供を崖から突き落とすシーンが何とも狂ってる。
    精神疾患なのか?
    それとも、息子に対する異常愛なのか。息子に絡む奴らは次々に排除していくパターンとみた。
    展開が楽しみなので、次巻も買うぞ
  • 血の轍(7)
    静子には地方都市の専業主婦という生き方が合わないのだと思う。
    他の人生を選べない閉塞感やストレスが息子へと向かってる。
    過干渉と拒絶の繰り返し。精神的な虐待だ。
    母親をやめて静子の身勝手に生きてもらった方が息子のためなのではなかろうか?

    母親という役割には過剰な期待と負担があると思う。
    苦手な人が...続きを読む
  • 血の轍(2)

    展開が早いし、超絶過保護

    私が漫画が好きなジャンルは共感と非実現性があるのと、ストーリーを予測して、あーベタでも好きいやベタでは無く期待を良い意味で裏切られたとなるとめちゃくちゃ好きです。この漫画はただめちゃくちゃクレージーなお母さんの予想しない動きにやられてしまいます。前向きな漫画やファンタジー好きな人はこの漫画は避けて(...続きを読む