陋巷に在り11―顔の巻―

陋巷に在り11―顔の巻―

作者名 :
通常価格 702円 (税込)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

魯の国の政権安定のために孔子が企てた三都毀壊策。その最終段階の成城討伐は、成の城宰・公斂處父の抵抗にあい、膠着状態におちいっていた。そこで、狂巫に身をやつした悪悦の使嗾をうけた處父は、孔子の動揺を誘うため、その故郷・尼丘襲撃に兵を向わせる。そして、その頃、子蓉も何ものかに誘われるように、尼丘を目指していた。孔子の故郷に危機が迫る、危急存亡の第十一巻。

ジャンル
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮文庫
電子版発売日
2014年08月08日
コンテンツ形式
EPUB

関連タグ:

Posted by ブクログ 2012年12月17日

この巻では孔子と顔回の故郷尼丘が子蓉と成兵の襲撃を受け、存亡の危機に立たされます。
これまでの巻の中で最もスピーディーに戦闘場面が続き、はらはらドキドキの展開となります。
果たして尼丘は危機を脱せるのか、次巻へ続く・・・・・。
にしても子蓉が強すぎます。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年09月29日

このシリーズも11巻目で終章にさしかかってきました。この巻では今は亡き孔子の母、顔徴在という女性がどのようにして孔子を産み育てたのかを、その父である太長老が療養中の身である「妤」に語る形で始まります。
孔子は50歳を過ぎ天命を知った今、その母を思いながら魯の国の政治の難局に取り組もうとしているのでし...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2004年03月10日

酒見賢一の陋巷に在り 顔の巻を読みました。顔回が主人公の物語11巻目です。今巻は顔回はちょっとしか出てこないけど。とうとう顔儒の里が子容と成の兵により滅びてしまいます。子容も死んでしまうようだし、とうとう徴在(徴が在るということでしたね)の啓示が表われたのですね。この巻で酒見賢一は形骸化した伝統とい...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play