後宮小説

後宮小説

作者名 :
通常価格 583円 (530円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

時は槐暦元年、腹上死した先帝の後を継いで素乾国の帝王となった槐宗の後宮に田舎娘の銀河が入宮することにあいなった。物おじしないこの銀河、女大学での奇抜な講義を修めるや、みごと正妃の座を射止めた。ところが折り悪しく、反乱軍の蜂起が勃発し、銀河は後宮軍隊を組織して反乱軍に立ち向かうはめに……。さて、銀河の運命やいかに。第一回ファンタジーノベル大賞受賞作。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
SF・ファンタジー / ファンタジー(国内)
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮文庫
電子版発売日
2014年08月01日
サイズ(目安)
1MB

後宮小説 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません
    購入済み

    奇想天外

    あや 2017年03月27日

    とても綿密に作り込まれた世界観、複雑なのに無理のないストーリーが読みやすい文体で構築されています。
    宮女候補の銀河と一緒に素乾王朝の歴史を辿りましょう。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月11日

    ファンタジーノベル大賞を受賞した際に書名は知っていたのだが、読んだのは初めてだった。泣き虫弱虫諸葛孔明が結構面白いので、改めて読んでみたら、非常に面白かった。司馬遼太郎に通ずるような小説として登場人物が活写されるパートと、作者が説明的に挿入する叙実的なパートが絶妙なバランスで配分されている。しかも、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年05月10日

     先帝は腹上死 であったと一応の「正史」にある記述を引用し、正史がどう言ふ風に書かれるかを描き、そんでもって、金瓶梅な世界へ行ったシンデレラな娘さんが三国志的なアレをバックにラストエンペラーと添ひ遂げるが、と言ふすごい世界が展開する。
     うんうん。
     宦官の人が(作中ではひらがなの)、宮女候補の人の...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    何度読んでも面白い

    さえ 2018年07月31日

    私がこの小説に出会ったのは2・30年前です。
    歴史小説にハマりだしたキッカケになった本です。
    そもそも、テレビでアニメ化されていたものを先に観て、その当時だったか観て何年か経ってからだったのか中学校の図書館でこの本を見つけて喜んで借りて読み、好きすぎて購入し、それ以降何度も何度も読み返し、数年前に電...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年03月05日

    この本のタイトル通り後宮、日本版でいうと大奥と言ったらわかりやすいかと思うが
    中国モノのファンタジー小説。
    とはいえこれファンタジーじゃなくて実際あったのではないのか?というくらい
    内容の濃さに天晴れと言いたい。
    素乾国の後宮に入ることになった主人公の女の子
    、銀河。
    この名前がすでに私の中ではファ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年03月26日

    『墨攻』読み終わったテンションで20年ぶりくらいの再読。そ、そうだよこういう歴史を研究してる体裁の小説!歴史勉強してこういうのが書きたい!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年01月16日

    中国のような架空の国の宮廷が舞台のファンタジー。
    なんだかファンタジーとは思えないぐらいリアルで最初から最後まで一気に読みました。
    銀河の無邪気で元気な様子にこちらも元気付けられます。

    アニメになっているそうなので機会があったら見てみようかなと思います。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年08月11日

    20年程前の作品です。当時『雲のように風のように』というタイトルでアニメ化されたものを見て、原作も読みたいと思いつつ今に至っていた訳です。
    中国を思わせる架空の国の架空の歴史を作り上げ、その中で繰り広げられる物語。史書まで作り引用文という形で「後世の目」を取り入れて歴史小説としての面白みを膨らませて...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年08月25日

    「素乾書」「乾史」「素乾通鑑」を紐解いて明かされる、後に素乾国の正妃となる少女銀河の物語。

    正史二点と無官の歴史家の歴史通釈の書一点を丁寧に比較・考察し、時には新発表の論文にも触れ、時には異なる説を併記して想像力を掻き立て、描かれる銀河のいた素乾国が架空の国だとは…
    その丁寧な引用の仕方ときたら、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年05月07日

    タイトルは後宮がついてるが、中身は爽やか。
    悲しい話でもあるんだけど、主人公の銀河が軽やかに生きていくので、悲壮感はなく、むしろ切ないジュブナイルとしても読める。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

新潮文庫 の最新刊

無料で読める SF・ファンタジー

SF・ファンタジー ランキング