災害時にこそ問われる学級経営力:岩手・三陸編

災害時にこそ問われる学級経営力:岩手・三陸編

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

  • 無料サンプル
  • ブラウザ試し読み

  • アプリ試し読み

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

悲しみのなか子どもたちを支えたのは、日常と変わらない学校生活、そして友人たちとの関わりだった。学校、学級の再建に向けて取り組んだ岩手県教師たちの記録。全国教職員必読の書。全国学校図書館協議会選定図書

第 1 章 3.11 当日とその後の教育現場 (河村茂雄)
1 その時何が起こったのか 震災当時の学校の様子
2 教師たちによる復旧の取組 物理的環境の確保に向けて

第2 章 学校再開から1 学期末まで 教育関係者はどう取り組んだのか
1 生徒指導主事の立場から 1 つの校舎で2 つの中学校の生徒が生活・活動した中学校の実践 (佐藤謙二)
2管理職の立場から 被災地域支援の前線基地にある中学校の実践 (根田真江)
3 養護教諭の立場から 専門家と学校現場をつないで効果を上げた養護教諭の実践 (工藤宣子)
4 教育関係者の立場から 多くの支援を学校につなげ, 学校を後方から支えた取組 (森本晋也)

第 3 章 危機にこそ大事にしたい学級集団の力 (河村茂雄)
1 心理面での総合的援助の必要性
2 グループアプローチの土壌としての学級集団
3 第 2 章の先生方の実践から学ぶこと
4 改めて認識した人と人との絆の大切さ

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
社会・政治 / 社会問題
出版社
早稲田大学出版部
ページ数
96ページ
電子版発売日
2013年12月13日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
5MB

災害時にこそ問われる学級経営力:岩手・三陸編 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2012年02月04日

    岩手三陸で実践されている学級経営リポートでここまで緻密にそして手厚く学級指導がなされているのかということを感動を持って理解することができました。

    被災地だからこそ原点に返ってしっかりした指針を基盤に丁寧に生徒たちに理解をもって対応しています。

    まだまだ被災の爪痕が深くの残るこの地だからこそ教師た...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

早稲田大学ブックレット 「震災後」に考える のシリーズ作品 1~28巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~28件目 / 28件
  • 災害時にこそ問われる学級経営力:岩手・三陸編
    悲しみのなか子どもたちを支えたのは、日常と変わらない学校生活、そして友人たちとの関わりだった。学校、学級の再建に向けて取り組んだ岩手県教師たちの記録。全国教職員必読の書。全国学校図書館協議会選定図書 第 1 章 3.11 当日とその後の教育現場 (河村茂雄) 1 その時何が起こったのか 震災当時の学校の様子 2 教師たちによる復旧の取組 物理的環境の確保に向けて 第2 章 学校再開から1 学期末...
  • 災害に強い電力ネットワーク:スマートグリッドの基礎知識
    大地震と原発事故によって世界に誇る日本の電力システムに何が起きたのか。再生可能エネルギーや地産地消型電力網への期待を現実にするために不可欠の先端技術をやさしく紹介する。全国学校図書館協議会選定図書 第 1 章 今なぜ電力ネットワークが重要なのか (横山隆一) 1 日本の電力供給システム 2 日本の電力供給システムに求められていること 3 新しいステージへ キーワードは「回復力」 第 2 章 ...
  • 東日本大震災とコンビニ:便利さ(コンビニエンス)を問い直す
    折り重なる瓦礫のなかで身を挺してライフラインを守り、モノとサービスを提供しつづけようとした人々への共感をこめて、日本型コンビニ研究の権威がつづる6ヵ月の観察記録。全国学校図書館協議会選定図書 第1 章 大災害時に「コンビニエンス」とは何か 1 ライフラインを直撃した大震災 2 ライフラインを狙ったコンビニチェーン 第2 章 コンビニが受けた大震災の被害と再起 1 大災害の発生 2 コンビニの被...
  • 3.11津波で何が起きたか:被害調査と減災戦略
    構造物だけではいのちを守れない。最後の砦の防潮堤が破壊され、激流が町や人々を襲った。従来の研究を根本から問い直す巨大津波の実態。沿岸防災に必要なものは何か。十分な科学的根拠と地域の視点から将来に備える。全国学校図書館協議会選定図書 序 章 想定を超えた巨大津波  はじめに  1 津波の高さと被害  2 過去の津波との違い  3 調査の概要 第1章 岩手県のリアス式三陸海岸  はじ...
  • 地方自治体は重い負担に耐えられるか:「民」の力を結集する方法
    大震災の被害に立ち向かう自治体の財政は厳しく、行政力には限りがある。企業・NPO・市民など、民間の様々な力を集める調整役としての自治体の新しい機能を豊かな実例で示す。 全国学校図書館協議会選定図書 第1章 「震災後」の自治体の課題――「調整者」への役割転換―――小林麻理  1 重い課題と負担――調整者としての自治体へ  2 新しい自治体への脱皮を 第2章 民間のノウハウの貴重さ――賃貸住宅業...
  • 拡大する放射能汚染と法規制:穴だらけの制度の現状
    かつてない放射能汚染を前に、この国の政府・国会は私たち市民のいのちをどのように守ろうとしているのか。日弁連原子力PTメンバー弁護士が、法制度の現状と問題点を明らかにする。全国学校図書館協議会選定図書 序 放出された放射能   1 放出された放射能の量   2 放出された放射能量と汚染レベルの具体的イメージ   3 今回の事故は最悪だったのか 第I部 なぜ放射能はわかりにくいのか  第1...
  • 0泊3日の支援からの出発:早稲田大学ボランティアセンター・学生による復興支援活動
    あの時の強い思いを風化させないために。被災地の厳しい状況を知り、何かをしなければというひたむきな思いに突き動かされた若者たちがいた。ボランティア先でのさまざまな体験、その後の心の変化をつづった記録集。全国学校図書館協議会選定図書 はじめに  2011年度前期(4月1日~9月30日)の活動派遣一覧 第I部 WAVOCによる震災ボランティア派遣活動  第1章 はやる思いにかられて――泥とほこりにまみ...
  • 復興政策をめぐる《正》と《善》:震災復興の政治経済学を求めて1
    危機における政策が満たすべき条件とは何か。被災者の「日常」を再建し、人々の権利・主体性を大切にしつつ、長期にわたる復興政策を正しくつくりあげるために不可欠の共通理解を探る。経済学・政治学をはじめ、現代の哲学・思想の原点に遡って徹底的に考える。 第1章 危機対応のための公共的選択の課題――《次善》の経済政策の構想と実装(鈴村興太郎) 1 危機対応のための公共的機構の課題――東日本大震...
  • 東日本大震災と憲法:この国への直言
    いまこそ、個人の尊重を問う。震災後間もなく、原発20キロ圏の南相馬市から大槌町吉里吉里地区まで800キロにわたる現地取材を敢行。憲法に基づく「人権」「平和」「自治」による復興への課題と展望をつづる。全国学校図書館協議会選定図書 序――その日 第I部 現場を行く  想定外という言葉――東日本大震災から1カ月/災害派遣の本務化へ/郡山から南相馬へ/「トモダチ」という作戦 /「避難所」になっ...
  • 学生のパワーを被災地へ!:「早稲田型ボランティア」の舞台裏
    一刻も早く、そして一人でも多くの支援を実現するため、短期間に多くの学生を安全に被災地へ送り込む。この難題に取り組んだ早大ボランティアセンターの試行錯誤と創意工夫の軌跡。全国学校図書館協議会選定図書 プロローグ 3.11直後のWAVOC混乱期 第1章 WAVOC式震災ボランティアマニュアル 学生震災ボランティアの心得10か条/学生たちのリスクマネジメント/学生ボランティア派遣のスキームづくり/学...
  • 文化遺産の保全と復興の哲学:自然との創造的関係の再生
    荒ぶる神々との共生。長い歴史のなか、東北の人々は津波をはじめとする自然の脅威に幾度となくさらされてきた。東北各地に残る神社仏閣などの建築物、神楽、祭り、伝承の数々。そこに込められた自然との調和の思想。安全なまちづくりに向けて、いま古人の知恵に学ぶ。全国学校図書館協議会選定図書 第1章 研究の背景と視点(中川武)  1 文化遺産と自然調和  2 安全性とは創造性である  3 研究の進...
  • 被災地の子どもの心に寄り添う:臨床心理学からのアドバイス
    恐怖と悲しみ、深い傷を負った子どもの心に、おとなはどう向き合えばよいのか。さまざまな問いにカウンセラーがこころを込めて答えます。全国学校図書館協議会選定図書 第I部 子どもの心を理解し支援するための実践知識――おとなと教師とボランティアのために 第1章 災害と子どものSOS( 本田恵子)  時期別の反応と対応のあり方/子どものストレス反応/心の外傷が癒えるまでの経過 ほか 第2章 危機を越...
  • 三陸にジオパークを:未来のいのちを守るために
    大震災の記憶を刻む大地の公園を創ろう。地球との共生を学び、自然災害に備える知恵を日本列島に生きる次世代につなぐ、地質学・地形学からの提言。国民の地質・地形学についての知識・教養が乏しい状況に一石を投じる。 第 1 章 日本列島のジオの特徴  日本のジオの多様性/プレートテクトニクス/付加体-海から生まれた日本列島/火成活動 第 2 章 地震と震災  地震の原因/地震の分布と発生場/地震...
  • 大規模災害に強い自治体間連携:現場からの報告と提言
    地域のきずなだけでは対応できない。3 月11日夕、福井県では消防、防災ヘリ、DMATが出動準備に入った。京都府からは約400 名の救助隊が、そして各府県から多くの人々が被災地に向け出発した。危機における遠隔自治体からの支援のあり方を考える。 第1章 広域災害時における遠隔自治体からの人的支援等のあり方 稲継裕昭 第2章 よりよい避難所運営に向けて──避難所の需給マッチングシステムの構築等...
  • 「日常」の回復:江戸儒学の「仁」の思想に学ぶ
    壊滅した街の瓦礫の中で、人びとは前日までと同じように分けあい助けあった。非常時にも日常の倫理を喪わない日本人の心性の源泉を、近世の儒学思想に求め、明日への生き方を確かめる。全国学校図書館協議会選定図書 はじめに なぜ「日常」が問題なのか 1 大震災がつきけた問題 2 「日常」を問題にするということ 第1章 日本集団主義論――「世間」「空気」「間人」「甘え」「恥の文化」 1 集団主...
  • 《当事者》としていかに危機に向き合うか:震災復興の政治経済学を求めて2
    みずからの問題として大震災を考え、行動するために。被災地の復旧・復興に、原発事故への対処・管理に、次世代・未来世代に影響が及ぶ重要な意思決定をいかに行うか。専門家は、政策提言に際してどのような責任を負っているのか。全国学校図書館協議会選定図書 第1章 賠償・防災・減災 ●契約理論で原発管理のあり方を考える (友利厚夫・荒木一法・小西秀樹) 契約理論とは/原子力損害の賠償に関する法...
  • 早く的確な救援のために:初動体制ガイドラインの提案
    東日本大震災では、地震と津波による自治体機能の喪失およびインフラ破壊等の事情により、自治体などの公的機関による初動救援は十分に行われなかった。官民連携による効果的な初動救援の具体的モデルを提言する。 序 章 課題――ボランティアと自治体の効果的な初動連携(中村民雄)  1 より速く的確に救援できないものか  2 なぜ初動で混乱したのか  3 ボランティアの力  4 ボランティアの...
  • 新聞は大震災を正しく伝えたか:学生たちの紙面分析
    今までと同じゼミナールでいいのか。学生たちと教師は大災害の衝撃にまっすぐに向き合おうと教授研究室を工房とし、新聞紙面に目を凝らし被災地の声に耳を傾け、報道の実像を追った。全国学校図書館協議会選定図書 第1部 実証的視点 全国紙が見た震災/地方紙が見た震災―記事面積分析は何を教えるか(柏樹利弘・前原達也) 震災報道の「顔」―『河北新報』の情報源を検証する(林怡萱) 津波被災は持続的...
  • 東日本大震災と環境汚染:アースドクターの診断
    津波による複合汚染、地盤沈下と液状化、建物取壊しに伴うアスベスト飛散、福島第一原発からの放射性物質の拡散―。正しく安心しおそれるために、汚染の実態を明らかにする。全国学校図書館協議会選定図書 第1章 巨大地震による地圏環境の破壊と復興支援の取組み(香村一夫)  1 震災により生じた様々な環境破壊現象  2 地震と環境破壊  3 東北地方太平洋沖地震による地圏環境の破壊  4 現在取り組...
  • ともに生きた 伝えた:地域紙『石巻かほく』の1年
    最大被害地のただなかで、みずからも被災者として多くの死に向き合い、がれきとたたかい、必死に生きて紙面をつくり、街のすみずみへ、避難所・仮設・各戸へ、情報を届け続けた日々の記録。全国学校図書館協議会選定図書 第1章 現実と向き合う  1)「3・11」当日  2)何を伝えるのか  3)記者の奮闘と苦悩 第2章 ともに生きる  1)避難所も兼ねる  2)「1人じゃない」  3)地域に寄り添...
  • フクシマ原発の失敗:事故対応過程の検証とこれからの安全規制
    なぜ事故は防げなかったのか。政府・電力会社・経済界・学界・マスコミの対応、原子力の安全規制制度改革の問題点はなにか。社会科学の目を通じた徹底検証により、安全な未来への方向を提示する。全国学校図書館協議会選定図書 第1章 日本社会と東日本大震災と福島原発事故 1 2011年3月11日を記録に残そう 2 2011年3月11日を抱きしめて 3 2011年3月11日と日本学術会議 4 第二次世界大戦の敗戦と...
  • 災害に強い社会をつくるために:科学の役割・大学の使命
    科学者は信ずるに足りないか。大学に何ができるか。大津波と原発事故に直面した、災害社会学・原子力工学・公共哲学・防災工学の代表的研究者たちが、自らを厳しく見つめ、減災と危機復元力のために何が必要なのかを考える。危機の時代に、学問と大学の使命を問い直す、すべての人々へのメッセージ。 第I部 《震災後》に研究者として考えたこと 地域社会学・災害社会学の視点から          ...
  • 復興に女性たちの声を:「3・11」とジェンダー
    新たな平等社会をめざして。避難所、仮設住宅、復興行政など、復興に関わるあらゆる場面で、女性たちの声がかき消されてしまっている。女性の声はなぜ聴かれないのか。災害復興におけるジェンダーを考える。全国学校図書館協議会選定図書 第1章 災害・復興と男女共同参画――女性が主体となっていくこと(新井浩子) はじめに  1 国内外における近年の取組み  2 災害によるダメージと女性  3 東日...
  • あの日私たちは東北へ向かった:国際協力NGOと3・11
    苦しんでいる人がいればどこへでも。途上国を中心とする海外で活動してきた国際協力NGO。東日本大震災発生の際、多くの団体が被災者支援を直ちに決定した。支援現場での苦労の連続にもへこたれなかった彼ら。その根底にある理念とは。海外での経験はいかに活かされたか。いまここに明らかになる。全国学校図書館協議会選定図書 第I部 自分には何ができるのか 1 民間団体職員として初めて政府現地対策...
  • ジャーナリズムの<いま>を問う:早稲田ジャーナリズム大賞パネルディスカッションより
    日本のメディアとジャーナリストは大丈夫なのか。東日本大震災に直面して、彼らは何をいかに伝えたか。日本のジャーナリズムの危機を越えるために、3・11後の〈いま〉何が必要なのか。論客たちが縦横に語り警鐘を鳴らす。全国学校図書館協議会選定図書 第1部 危機とジャーナリズム――パネルディスカッションより ●メディアは事実を伝えているか――東日本大震災報道をめぐって   後藤謙次 ●二元論の罠...
  • 風化と闘う記者たち:忘れない 平成三陸大津波
    マニュアルはない。大津波に消えたふるさとの街に立って、岩手の記者たちは何を見たか、伝えようとしたか。記憶を未来へつなぐ、ジャーナリストたちの終わりなき闘い。全国学校図書館協議会選定図書 はじめに 記憶の風化と闘う――地元新聞社は被災地と運命共同体(東根千万億) Part 1 津波常襲地の記者たち  1 その時、記者はどう動いたか――ドキュメント3・11(川村公司)  2 街が消えた――陸前高...
  • 大災害時に物流を守る:燃料多様化による対応を
    天然ガス、自動車の可能性を追求する。2011年春、大震災直後の商業・運送業・公的機関等の痛切な経験から学び、過酷災害に対応できる物流の条件と天然ガス自動車普及の重要性と問題点を探る。《全国学校図書館協議会選定図書》 プロローグ エネルギーセキュリティの視点  震災直後に起きた物流問題  燃料多様化の遅れた実態と天然ガスへの注目  マーケティング3.0の視点  本書の構成 第1章 被災者の...
  • 東京湾岸の地震防災対策 臨海コンビナートは大丈夫か
    そのとき東京と日本に何が起きるか。地震による地盤の液状化・側方流動、長周期振動、津波による油流出・海上火災。それらは、東京湾上に、臨海部に、そして周辺に巨大な被害をもたらす。備えは大丈夫か。社会と経済を守るためにどう備えればよいのか。 Part 1 東京湾臨海コンビナートの危険性 第1章 コンビナートの地震・津波リスク (濱田 政則) 1.コンビナート施設の被害 2.液状化と側方流動による被...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています