一瞬で心を「切り替える」技術 スポーツドクターが教える

一瞬で心を「切り替える」技術 スポーツドクターが教える

作者名 :
通常価格 1,540円 (1,400円+税)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

相手チームに先取点をとられた、自分のミスで得点を逃した――。そんなときでも、一流のスポーツ選手は瞬時に気持ちを切り替え、次に集中し、結果を出します。ビジネスにおいても、常に自分の最高のパフォーマンスを発揮するには、この「切り替え力」が大事です。
本書は、「物事に動じにくくなる」「本番に強くなる」「目の前のことに集中できる」など、他人や環境、過去の経験などに振り回されず、今の最高の自分を常に発揮できるようになる「切り替え力」の身につけ方を解説します。
方法はいたって簡単。機嫌がよくなる「フローワード」や、周囲の人の名前と「ありがとう」の言葉を「考えて」「手帳に書く」だけ。1日1分でもOKです。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / 自己啓発
出版社
日本実業出版社
ページ数
224ページ
電子版発売日
2012年08月17日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
6MB

一瞬で心を「切り替える」技術 スポーツドクターが教える のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2017年01月24日

    良書
    試してみようと思える発見が多々あった
    メンタルに自信のないかたはおすすめ
    自信とはなんぞや
    感情とはなんぞや
    といま一度、問い直す

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年01月20日

    過去の失敗を考えはじめたら、心はたちまち 揺らいでしまう。

    未来は絶対にわからないので
    不安や心配と いった感情により
    揺らぎが生じて
    ノンフローになってしまう

    今を選択する!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年07月14日

    手帳を用いて行う技術というところに惹かれました。

    毎日できることも多く書かれていて、心の切り替える方法を身につけるために毎日行動できています。

    ライフスキルを磨き、フロー状態に戻れるように頑張ります。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年06月19日

    私は高校時代くらいから過呼吸に悩んでいる。
    パニック発作が起こるような、激しい過呼吸ではないけれど、慢性的にその状態なので結構苦しい。とりたてて原因がない(例えば今など、さっきまで昼寝して目が覚めたところだ)ところが困りもので、一度は催眠療法に頼ったこともある(まったく効かなかった)。お金のことをい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年11月03日

    ライフスキル脳
    言葉・表情・態度・思考 ⇔ 環境・経験・他人(=認知脳)

    フロー選択

    今を選択する 認知脳の過去・未来思考に惑わされない

    フォワードの法則
    与えることで、自分自身にもフロー状態がやってくる
    自分がノンフローになってきたら、誰かを喜ばせる、もしくは喜ばせようと思う
    ・感謝する
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2017年01月22日

    「いつも上機嫌でいよう」
    ご機嫌でいることも練習できるということを唱えている。

    人の心のゆらぎ(不安、焦り、怒りなど)が生じる正体を明らかにし、その心のゆらぎをマネージメントする方法について書かれた本。
    ゆらぎの正体は人間が生きていくために必要な脳の働きである「認知脳」によるものであり、認知脳に従...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2012年10月13日

    チェック項目13箇所。パフォーマンスを要求される仕事においては、どんなことでも心の安定は重要なのです。「まず自分の心を大事にし、勝ち負けの前に自分を磨くのだ。」。フロー状態・・・「一つの活動に深く没入しているので他の何ものも問題とならなくなる状態でその経験それ自体が非常に楽しいので、純粋にそれをする...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

無料で読める ビジネス・経済

ビジネス・経済 ランキング