隠蔽捜査(新潮文庫)

小説6位

作者名 :

配信中

価格 648~1,382円 (税込)

竜崎伸也、四十六歳、東大卒。警察庁長官官房総務課長。連続殺人事件のマスコミ対策に追われる竜崎は、衝撃の真相に気づいた。そんな折、竜崎は息子の犯罪行為を知る――。保身に走る上層部、上からの命令に苦慮する現場指揮官、混乱する捜査本部。孤立無援の男は、組織の威信を守ることができるのか? 吉川英治文学新人賞受賞の新・警察小説。

ジャンル
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮文庫
ページ数
409ページ
電子版発売日
2011年05月13日
紙の本の発売
2008年02月
コンテンツ形式
XMDF
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50
  • 隠蔽捜査(新潮文庫)
    通常版 1巻 648円(税込)
    竜崎伸也、四十六歳、東大卒。警察庁長官官房総務課長。連続殺人事件のマスコミ対策に追われる竜崎は、衝撃の真相に気づいた。そんな折、竜崎は息子の犯罪行為を知る――。保身に走る上層部、上からの命令に...
    カート

    試し読み

  • 果断―隠蔽捜査2―(新潮文庫)
    通常版 2巻 648円(税込)
    長男の不祥事により所轄へ左遷された竜崎伸也警視長は、着任早々、立てこもり事件に直面する。容疑者は拳銃を所持。事態の打開策をめぐり、現場に派遣されたSITとSATが対立する。異例ながら、彼は自...
    カート

    試し読み

  • 疑心―隠蔽捜査3―(新潮文庫)
    通常版 3巻 691円(税込)
    アメリカ大統領の訪日が決定。大森署署長・竜崎伸也警視長は、羽田空港を含む第二方面警備本部本部長に抜擢された。やがて日本人がテロを企図しているという情報が入り、その双肩にさらなる重責がのしかか...
    カート

    試し読み

  • 初陣―隠蔽捜査3.5―(新潮文庫)
    通常版 4巻 658円(税込)
    警視庁刑事部長を務めるキャリア、伊丹俊太郎。彼が壁にぶつかったとき頼りにするのは、幼なじみで同期の竜崎伸也だ。原理原則を貫く男が愛想なく告げる一言が、いつも伊丹を救ってくれる。ある日、誤認逮...
    カート

    試し読み

  • 転迷―隠蔽捜査4―(新潮文庫)
    通常版 5巻 799円(税込)
    大森署署長・竜崎伸也の身辺は、にわかに慌しくなった。外務省職員の他殺体が近隣署管内で見つかり、担当区域では悪質なひき逃げ事件が発生したのだ。さらには海外で娘の恋人の安否が気遣われる航空事故が...
    カート

    試し読み

  • 宰領―隠蔽捜査5―(新潮文庫)
    通常版 6巻 799円(税込)
    衆議院議員が行方不明になっている。伊丹刑事部長にそう告げられた。牛丸真造は与党の実力者である。やがて、大森署管内で運転手の他殺体が発見され、牛丸を誘拐したと警察に入電が。発信地が神奈川県内と...
    カート

    試し読み

  • 自覚―隠蔽捜査5.5―
    通常版 7巻 1,296円(税込)
    署長・竜崎伸也はぶれない。どんな時も――誤認逮捕の危機、マスコミへの情報漏洩、部下たちの確執、検挙率アップのノルマなど、大森署で発生するあらゆる事案を一刀両断。反目する野間崎管理官、“やさぐれ刑...
    カート

    試し読み

  • 去就―隠蔽捜査6―
    通常版 8巻 1,382円(税込)
    続発するストーカー殺傷事件を防ぐべく、大森署にも対策チームが新設された。だがその矢先に管内で女性連れ去り事件、さらに殺人が勃発。ストーカーによる犯行が濃厚になる中、捜査の過程で署長・竜崎は新...
    カート

    試し読み

書店員のおすすめ

同じキャリア警察官の主人公「竜崎」と、幼馴染「伊丹」の物語。
とにかく「竜崎」のキャラ設定が秀逸!万事の『原理原則』に忠実で、しがらみの多い警察機構の中、ただひたすら『正論』『理屈』を武器に超合理的に全てを進めていく姿が痛快になってくると、あなたは立派な「竜崎」ファンです。堅物過ぎてヤな奴なのは否めませんが、対照キャラの「伊丹」が、それだけじゃないことを読者に説明してくれます。
的確な判断と部下への指示。こんな上司なら一生ついていきたいっす(かなり堅苦しいけど)。
ドラマ出演者が形容したのは「警察版 半沢直樹」。主人公のキャラは全く違えど、組織内の権力争いとスッキリする読後感は確かに似ているかも。1巻ごとの完結ですが、続巻も読みたくなること必至!そして続巻も期待以上です。(書店員・ラーダニーバ)

果断―隠蔽捜査2―(新潮文庫)

購入済み

蘇ってきた読書熱

sabtyan70 2017年09月07日

1,2巻を読んでみて、内容に興味があり、表現もわかりやすく、大変面白い。忘れかけていた、読書の習慣が蘇ってきた。

このレビューは参考になりましたか?

宰領―隠蔽捜査5―(新潮文庫)

Posted by ブクログ 2017年09月05日

2017.09.05

竜崎シリーズ5作目 まだ大森署長

衆議院議員誘拐 運転手殺害 長男受験 警視庁・神奈川県警合同捜査 SITとSTS

このレビューは参考になりましたか?

隠蔽捜査(新潮文庫)

Posted by ブクログ 2017年08月24日

今野敏作品は2回目。これは、”国内ミステリマスト”はじめ、あちこちでオススメされているのを見て。主人公らしくない主人公(ネガティブな意味で)ながら、物語展開が巧妙で、不本意ながら(?)グイグイ引き込まれちゃいます。現実世界でも正論一本槍って人が苦手で(それは多分に、自分がディベート下手だからってこと...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

去就―隠蔽捜査6―

ネタバレ

Posted by ブクログ 2017年08月19日

「隠蔽捜査」第6弾
前作は5.5 スピンオフだったので、久しぶりの竜崎さんの原理原則主義を貫く活躍ぶりを読みました。
大森署での仕事も安定してきて、今回は新たに根岸さんという女性警察官が登場、活躍しましたが
そろそろ異動はないんでしょうかね?

今回はストーカー対策がテーマでしたが、
家庭・娘の恋愛...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

隠蔽捜査(新潮文庫)

Posted by ブクログ 2017年08月19日

【友人蔵書】初めて読んだ警察小説は『翔んでる警視』で、東大卒、国家1種合格のキャリアというものがどのような立場となるのかを知る嚆矢だった。本書の主人公は今時珍しい硬派な警察官僚だ。その融通のきかなさが、結果的に組織を守る正しい判断につながる。しかし、実生活で正論のみを振り回す上司に嫌な思いをさせられ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

果断―隠蔽捜査2―(新潮文庫)

Posted by ブクログ 2017年08月19日

【友人蔵書】前作の結果、警察庁から警視庁所轄の署長に引責異動となった竜崎。読者への挨拶代わりに防犯対策懇談会での竜崎の弁舌は、溜飲が下がるも、東大卒が論理の裏付けにされたようで複雑な気持ちだ。強盗事件と立て籠もり事件が、竜崎の立場を危うくしながら意外な方向へと進展。そのキーパーソンがひねくれ者の印象...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

疑心―隠蔽捜査3―(新潮文庫)

Posted by ブクログ 2017年08月19日

【友人蔵書】今回は中盤まで竜崎の中二病的な独白に付き合わされたが、著者の真意はどこにあるのか? 恋愛経験の乏しいキャリア官僚のハニートラップへの脆弱性か、男女間の機微は人として普遍的でキャリアだろうとノンキャリだろうと関係ないということか。続編では本作の裏話が描かれているようだが、副題の「疑心」で煽...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

初陣―隠蔽捜査3.5―(新潮文庫)

Posted by ブクログ 2017年08月19日

【友人蔵書】伊丹の目線で書かれたサイドストーリー。人は人生において常に役割を演じている。マスコミ受けする刑事部長、伝法な江戸風言葉で会話する警備部長。その対極に竜崎が据えられているのだが、本作を読むとその対比が明らかになる。『疑心』のハニートラップの理由も、今後の展開に期待感を持たせるものだ。伊丹が...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

転迷―隠蔽捜査4―(新潮文庫)

Posted by ブクログ 2017年08月19日

【友人蔵書】同時進行で公私にわたり事案を抱える竜崎。刑事畑と交通畑、警察と麻薬Gメン、警察庁と外務省という異なった対立軸が、複数の事案に通底する麻薬カルテルでつながった時、竜崎の原理原則を旨とする態度が心地良いほどに読む者を魅了する。所轄にいるべきではない警察官僚が、事件捜査の醍醐味に目覚めていく様...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

去就―隠蔽捜査6―

Posted by ブクログ 2017年08月15日

シリーズ(スピンオフ含め)8作目。
竜崎署長は相も変わらず己の道を行く。
今回は、家庭においては、娘の美紀に対するストーカーと結婚話。
職場においても、ストーカー誘拐立てこもり事件が発生する。
しかも特別監察まで。
さて、どうなる?!

竜崎の元には優秀な部下が揃っている。
多少問題はあるものの、仕...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?