隠蔽捜査(新潮文庫)
作者名 :

配信中

価格 648~1,382円 (税込)

竜崎伸也、四十六歳、東大卒。警察庁長官官房総務課長。連続殺人事件のマスコミ対策に追われる竜崎は、衝撃の真相に気づいた。そんな折、竜崎は息子の犯罪行為を知る――。保身に走る上層部、上からの命令に苦慮する現場指揮官、混乱する捜査本部。孤立無援の男は、組織の威信を守ることができるのか? 吉川英治文学新人賞受賞の新・警察小説。

ジャンル
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮文庫
ページ数
409ページ
電子版発売日
2011年05月13日
紙の本の発売
2008年02月
コンテンツ形式
XMDF
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50
  • 隠蔽捜査(新潮文庫)
    ptバック
    通常版 1巻 648円(税込)
    竜崎伸也、四十六歳、東大卒。警察庁長官官房総務課長。連続殺人事件のマスコミ対策に追われる竜崎は、衝撃の真相に気づいた。そんな折、竜崎は息子の犯罪行為を知る――。保身に走る上層部、上からの命令に...
    カート

    試し読み

  • 果断―隠蔽捜査2―(新潮文庫)
    ptバック
    通常版 2巻 648円(税込)
    長男の不祥事により所轄へ左遷された竜崎伸也警視長は、着任早々、立てこもり事件に直面する。容疑者は拳銃を所持。事態の打開策をめぐり、現場に派遣されたSITとSATが対立する。異例ながら、彼は自...
    カート

    試し読み

  • 疑心―隠蔽捜査3―(新潮文庫)
    ptバック
    通常版 3巻 691円(税込)
    アメリカ大統領の訪日が決定。大森署署長・竜崎伸也警視長は、羽田空港を含む第二方面警備本部本部長に抜擢された。やがて日本人がテロを企図しているという情報が入り、その双肩にさらなる重責がのしかか...
    カート

    試し読み

  • 初陣―隠蔽捜査3.5―(新潮文庫)
    ptバック
    通常版 4巻 658円(税込)
    警視庁刑事部長を務めるキャリア、伊丹俊太郎。彼が壁にぶつかったとき頼りにするのは、幼なじみで同期の竜崎伸也だ。原理原則を貫く男が愛想なく告げる一言が、いつも伊丹を救ってくれる。ある日、誤認逮...
    カート

    試し読み

  • 転迷―隠蔽捜査4―(新潮文庫)
    ptバック
    通常版 5巻 799円(税込)
    大森署署長・竜崎伸也の身辺は、にわかに慌しくなった。外務省職員の他殺体が近隣署管内で見つかり、担当区域では悪質なひき逃げ事件が発生したのだ。さらには海外で娘の恋人の安否が気遣われる航空事故が...
    カート

    試し読み

  • 宰領―隠蔽捜査5―(新潮文庫)
    ptバック
    通常版 6巻 799円(税込)
    衆議院議員が行方不明になっている。伊丹刑事部長にそう告げられた。牛丸真造は与党の実力者である。やがて、大森署管内で運転手の他殺体が発見され、牛丸を誘拐したと警察に入電が。発信地が神奈川県内と...
    カート

    試し読み

  • 去就―隠蔽捜査6―
    ptバック
    通常版 8巻 1,382円(税込)
    続発するストーカー殺傷事件を防ぐべく、大森署にも対策チームが新設された。だがその矢先に管内で女性連れ去り事件、さらに殺人が勃発。ストーカーによる犯行が濃厚になる中、捜査の過程で署長・竜崎は新...
    カート

    試し読み

  • 自覚―隠蔽捜査5.5―(新潮文庫)
    ptバック
    通常版 12巻 658円(税込)
    畠山警視は実技を伴うスカイマーシャルの訓練中、壁に直面する。彼女は共に難事件を乗り越えた竜崎に助言を求めた(「訓練」)。関本刑事課長は部下戸高の発砲をめぐり苦悩した。そこで竜崎の発した一言と...
    カート

    試し読み

書店員のおすすめ

同じキャリア警察官の主人公「竜崎」と、幼馴染「伊丹」の物語。
とにかく「竜崎」のキャラ設定が秀逸!万事の『原理原則』に忠実で、しがらみの多い警察機構の中、ただひたすら『正論』『理屈』を武器に超合理的に全てを進めていく姿が痛快になってくると、あなたは立派な「竜崎」ファンです。堅物過ぎてヤな奴なのは否めませんが、対照キャラの「伊丹」が、それだけじゃないことを読者に説明してくれます。
的確な判断と部下への指示。こんな上司なら一生ついていきたいっす(かなり堅苦しいけど)。
ドラマ出演者が形容したのは「警察版 半沢直樹」。主人公のキャラは全く違えど、組織内の権力争いとスッキリする読後感は確かに似ているかも。1巻ごとの完結ですが、続巻も読みたくなること必至!そして続巻も期待以上です。(書店員・ラーダニーバ)

転迷―隠蔽捜査4―(新潮文庫)

Posted by ブクログ 2017年11月14日

殺人事件にひき逃げ事件。飛行機事故におまけにいつもの判押しと、多忙を極める竜崎署長。
更に麻取や外務省、公安の思惑に巻き込まれ困難な局面に立たされる。
しかし、迷うこともあるが必ず原理原則に戻りそんな困難を乗りきっていく。責任を恐れ逃げや保身に走らず、常に自らの信念のもと正しいと思うことに戦っていく...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

去就―隠蔽捜査6―

Posted by ブクログ 2017年11月12日

竜崎さんシリーズが、とりあえず?
ここで終わり
だけど、今度は署長からどっか国の中枢に返り咲きそうな終わりかたにワクワクしちゃいました。
正しいことを貫き通すって大変だなあーと思いつつ
こんな生き方かっこいいと思いました。
続編でないかなーと期待してます。

このレビューは参考になりましたか?

自覚―隠蔽捜査5.5―(新潮文庫)

Posted by ブクログ 2017年11月12日

竜崎を取り巻く周りの人のお話し。
そうなんですよ。」みんな彼が好きなんです。
そんな一面が沢山出てきて何より。

このレビューは参考になりましたか?

宰領―隠蔽捜査5―(新潮文庫)

Posted by ブクログ 2017年11月12日

あっという間に第5弾。一気読みもここまでしてしまった(1日で、2~5まで)
今度は神奈川県警までかかわってくるし、自分の部下たちを使えないし、アウエイでの仕事。
竜崎が変わったなあと思えるのは、人の動かし方。どうしたらこの人たちは動くのか。納得はしないかもしれないけどその場で、できるだけうまく人を動...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

転迷―隠蔽捜査4―(新潮文庫)

Posted by ブクログ 2017年11月12日

省庁と省庁をわざと分断させることによってあることをしている国家。それがいいのか悪いのか。難しい局面でも、竜崎は、ちゃんと物事を順序立てて整理して一つ一つ解決していく。さすが。
そして、家庭面では、娘の彼氏のこと。なかなかいいお父さんもやっているなあ

このレビューは参考になりましたか?

初陣―隠蔽捜査3.5―(新潮文庫)

Posted by ブクログ 2017年11月12日

スピンオフなので、主人公は、竜崎ではなく、彼の事象友達である伊丹。彼は彼なりに苦労をしている。けど、毎回助けてもらってていいのかなあ。
前回の畠山の件まで絡んでくるとは・なるほどそういうことだったのかというおちがまた楽しめた

このレビューは参考になりましたか?

疑心―隠蔽捜査3―(新潮文庫)

Posted by ブクログ 2017年11月12日

竜崎シリーズ第三弾
またまた、警察ものだけど飽きさせない。なんでだろう?彼が動揺することってあるんだろうか?そう、恋なのだ。まさかの竜崎が恋に惑わされるなんて。
それをちゃんと乗り越えたのは禅の心。現状をありのままに受け止めることだ。無理をしてはいけない。
なかなか今回もためになる。
最後に、奥様に...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

果断―隠蔽捜査2―(新潮文庫)

Posted by ブクログ 2017年11月12日

警察署長になった竜崎が、大森署でどういう対応をとるのか?周りの反応は?そして、家族のこと。
ますますわくわくして、主人公の竜崎のことが好きになってしまいます。

このレビューは参考になりましたか?

初陣―隠蔽捜査3.5―(新潮文庫)

Posted by ブクログ 2017年11月08日

伊丹を通して竜崎のかっこよさが堪能できる一冊。どんなときもブレない竜崎に対し、伊丹は迷ったり悩んだりと案外普通のひと(笑)

このレビューは参考になりましたか?

疑心―隠蔽捜査3―(新潮文庫)

Posted by ブクログ 2017年11月05日

読み終えたら、本当にちょうど米国大統領が来日してた。竜崎お疲れ様。
とにかく、いつもの竜崎じゃなくてどきどきやきもき。伊丹に相談なんか普段だったらしないだろうに。
終盤、いつもの竜崎が戻ってからは安定の読みやすさ。
戸高がなかなか存在感出てきた。今後も竜崎と難事件解決していくのか?

このレビューは参考になりましたか?