時は平安時代、京の都に安倍晴明という名高い陰陽師がいた。まだ闇が闇として残り、夜になれば人も、鬼も、物の怪も、同じ都の暗がりに、息をひそめて住んでいた時代だ。安倍晴明は従四位下、大内裏の陰陽寮に属する陰陽師。死霊や生霊、鬼など、普通の人間には見えない、妖しのものどもを相手に、この世ならぬ不可思議な難事件をあざやかに解決する。親友の源博雅は、霊感はまるでないが、刀では敵なしの強さ。力を合わせて物の怪に挑む。野村萬斎・主演で映画化された原作!

ジャンル
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
ページ数
333ページ
電子版発売日
2011年04月15日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • 陰陽師
    通常版 1巻 589円(税込)
    時は平安時代、京の都に安倍晴明という名高い陰陽師がいた。まだ闇が闇として残り、夜になれば人も、鬼も、物の怪も、同じ都の暗がりに、息をひそめて住んでいた時代だ。安倍晴明は従四位下、大内裏の陰陽...
  • 陰陽師 飛天ノ巻
    通常版 2巻 570円(税込)
    「童子のあやかしが出没し、悪さを働いているようだな、博雅」「よし。では、ゆくか晴明よ」。われらが都を魔物から守れ。百鬼が群れる平安京の闇の果て、幻術、風水術、占星術を駆使し、難敵に立ち向う希...
  • 陰陽師 付喪神ノ巻
    通常版 3巻 610円(税込)
    京の北、丑の刻に貴船神社に現われる白装束の女。唇には釘、左手には人形、右手には鉄の鎚……自分を捨てた男を取り殺すため鬼と化す。男の窮地を救うため、安倍晴明と源博雅が目にしたものは!? 嫉妬に狂...
  • 陰陽師 鳳凰ノ巻
    通常版 4巻 540円(税込)
    平安京にうごめく魑魅魍魎(ちみもうりょう)に、陰陽師・安倍晴明と親友の源博雅が立ち向かう、お馴染み「陰陽師」シリーズ第4弾。「晴明、道満と覆物(おおいもの)の中身を占うこと」では、晴明とライ...
  • 陰陽師 生成り姫
    通常版 5巻 629円(税込)
    陰陽師シリーズ初の長篇。すべてが始まったのは、いまから12年も前のことだった。月の明るい晩に堀川の橋のたもとで、心のおもむくまま笛を吹く源博雅。その音色に耳を傾ける姫。名前も知らない、淡い恋だ...
  • 陰陽師 龍笛ノ巻
    通常版 6巻 540円(税込)
    大人気、陰陽師シリーズ第6弾は、粒ぞろい5篇。橘実之の娘、露子姫はことのほか虫が好き。男の童が見つけてきた、真っ黒で赤い斑点がある珍しい虫を可愛がっていたところ、この虫が異様な成長を遂げて……...
  • 陰陽師 太極ノ巻
    通常版 7巻 540円(税込)
    安倍晴明の屋敷で、いつものように源博雅が杯を傾けている所へ、橘実之の娘、虫が大好きな露子姫が男装してやってきた。何でも晴明に相談があるというのだ。広沢の遍照寺にいる僧が、眠る前に誦経している...
  • 陰陽師 瀧夜叉姫(上)
    通常版 8巻 669円(税込)
    平安の都で不穏な怪事が相次いでいる。ものを盗らない謎の女盗賊の出没、妊婦が次々に腹をひきさかれ惨殺…。そんな中、安倍晴明と源博雅の2人は、顔にできた不気味な瘡に苦しむ平貞盛の元へ赴き、異様な光...
  • 陰陽師 瀧夜叉姫(下)
    通常版 9巻 669円(税込)
    安倍晴明と源博雅の2人は、豪腕で知られる俵藤太とともに“武将”の死の謎を追う。そのうち、都で起こっている数々の怪事件の裏に、亡き“武将”との浅からぬ因縁が見え隠れしてくる。もしや彼の遺灰に解決の...
  • 陰陽師 夜光杯ノ巻
    通常版 10巻 589円(税込)
    源博雅の枕元に夜な夜な現れる、異国の美しい女。何か言いたげな眼で博雅をみつめ、甘やかな匂いを残して消えてゆく…。安倍晴明は、博雅が帝から賜ったという摩訶不思議な琵琶に着目する。はたして琵琶と女...

書店員のおすすめ

和風ファンタジーの題材としてすっかりおなじみの陰陽師。そのブームの火付け役であり、9月に市川染五郎・市川海老蔵らによる歌舞伎座公演も決定したのがこの「陰陽師」シリーズです。
平安時代の天才陰陽師、安倍晴明。その親友で音楽の才能豊かな源博雅。この二人が鬼や生霊など様々なものの怪にまつわる怪異を解き明かしていくこの物語。映画のような派手なアクションはほとんどなく、彼らは問題の怪異の原因となった人の業を探り、ものの怪達を納得させることで怪異を見事に解決していきます。
この物語の大きな魅力は、主人公二人の掛け合いが格別に面白いこと!
厄介事を頼まれ困り果てた博雅が、二人で酒を酌み交わしながら晴明に解決を依頼するのですが、その軽妙なやり取りに、自分も仲のよい友人と庭を眺めながら、美味い肴片手にお酒を舐めたくなる事間違いなし!
美しくも怪しい平安時代の余韻から抜け出せなくなりそうな不思議な物語です。

陰陽師 付喪神ノ巻

Posted by ブクログ 2018年10月25日

シリーズ3作目。前に出てきたキャラの再登場もあって良かった。新キャラ道満もクセがあっていい。
鬼の話はどれも切ないが、晴明と博雅の掛け合いや、二人の鬼に対する態度がとても良い。「鉄輪」「ものや思ふと……」「打臥の巫女」が特に好き。

このレビューは参考になりましたか?

陰陽師 鳳凰ノ巻

Posted by ブクログ 2018年05月20日

昔は海外旅行のお供にしてたシリーズ。
沢山出てるからね、飛行機乗る時に買うと決めてちょっとづつ集めてたんだ。
もう手放してしまったので、どれを読んだのか分かんなくなっちゃたなあ…

このレビューは参考になりましたか?

陰陽師 瀧夜叉姫(下)

Posted by ブクログ 2018年03月02日

とても良くできた構成だと思う。道満がよかったし、博雅の問答も、らしくて良かった。羽生選手の影響で陰陽師シリーズ久々に手を伸ばしたけど、面白さを再認識した。実写になるとCGのチャチさが出てくるのでアニメの方が向いてそう。モノノ怪みたいな味がある演出でぜひ。

このレビューは参考になりましたか?

陰陽師

Posted by ブクログ 2018年01月12日

完全な歴史小説なのかと勘違いしていた。この作品は完全にミステリーである。主人公は陰陽師の安倍晴明で、ワトソン役が親友の源博雅になる。謎の中心にいるのが鬼であったり化け物だったりするが、謎を解く二人の行動は、どこか他の作品で読んだ登場人物を彷彿とさせる。それでいて、人と鬼との違いなどを語ってくるところ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

陰陽師 酔月ノ巻

Posted by ブクログ 2017年09月22日

 陰陽師シリーズの最新刊です!我慢できなくて、他に本でいる本があったのですが中断して購入しました。
 今回は山月記をモチーフにした作品が収録されていました。

 「銅酒を飲む女」。助けたのに、恩返しではなく命を狙われるとは・・・。

 「桜闇、女の首」。自分が死んだ後、夫にずっと1人でいてもらいたい...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

陰陽師 瀧夜叉姫(下)

Posted by ブクログ 2017年09月20日

 京都出張をきっかけに読み始めた陰陽師シリーズ。出版されているものは読んでしまおうと購入しました。
 シリーズ9作目。生成り姫以来の長編です。しかも上・下巻です。いつも短いお話でかなり満足させていただいておりましたが、長いお話もやっぱり面白かったです。
 今回、平将門が登場するのですが、自分が思い描...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

陰陽師 醍醐ノ巻

Posted by ブクログ 2017年09月20日

 このとき読める陰陽師シリーズはこれが最後になります。とても楽しい時間を過ごすことができました。清明と博雅のやりとりにいつもほっこりさせてもらいました。生涯でここまで思い合うことができる友と出会うことはなかなかないのではないかと思います。
 「百足小僧」は怖かったですね。動きの描写がうまく、這ってく...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

陰陽師 天鼓ノ巻

Posted by ブクログ 2017年09月20日

 こんなにシリーズが続いているのに、マンネリ化していないってすごいですね。朝の電車でゆっくり読みたいと思い早めに家を出たのですが、人身事故で電車が止まりました。でもこの本を読んでいたので、待ち時間が楽しかったです。
 今回も女の恨みの物語がいくつか収録されています。表紙に描かれている逆髪の女はとても...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

陰陽師 夜光杯ノ巻

Posted by ブクログ 2017年09月20日

 陰陽師シリーズの11作目です。今回は9本の物語が収録されています。博雅は妖にもモテるなぁと思いました。そしてなんとラストにあの浄蔵さまの色恋話が・・・。

 「月琴姫」。罪作りな博雅の話でした。なんと妖の上に国境まで越えてしまう博雅の魅力。悪気がないところがまたやっかいですね・・・。

 「花占の...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

陰陽師 瀧夜叉姫(上)

Posted by ブクログ 2017年09月19日

 京都出張をきっかけに読み始めた陰陽師シリーズ。出版されているものは読んでしまおうと購入しました。
 シリーズ9作目。生成り姫以来の長編です。しかも上・下巻です。いつも短いお話でかなり満足させていただいておりましたが、長いお話もやっぱり面白かったです。
 今回、平将門が登場するのですが、自分が思い描...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?