「池田香代子」おすすめ作品一覧

【池田香代子】の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2017/06/13更新

ユーザーレビュー

  • 夜と霧 新版
    強制収容所を体験した心理学者が、被収容者の精神反応を学問的に冷静に分析する。
    想像を絶する状況を経験した著者が導いた生きる意味とは。

    多くの人に読んでもらいたい本。
  • 夜と霧 新版
    アウシュビッツと比べると小規模だが、同じようなユダヤ人収容所での体験を、心理学的見地から書いている。
    壮絶な、常に、死がそこにある体験をしながら、読者に悲壮感を与えない、辛いことをさらりと書いている。
    いい人は帰ってこなかった。生きるためには、通常はためらわれるようなことでも平気でやらなければならな...続きを読む
  • 夜と霧 新版
    夜と霧

    アウシュビッツを経験した心理学者フランクルによる収容所体験の心理学的分析。序盤は体験の叙述であり、後半から「人生とは何か」「どう苦しみを乗り越えたか」ということについて印象的な考察や、文章が書き連ねられる。この本については考察したりレビューをしたりするより、印象的な文章を引用する方が良いと...続きを読む
  • 夜と霧 新版
    なるほど、名著。読んで良かった。
    心理学者が体験した強制収容所のエピソード、と簡単には表現しきれないのは、中盤以降の精神性について深く語られるくだり。絶望の中で、ここまで崇高であれるのか。
    と、小難しい?ことを言ってみたのですが、単にすっごく感動しました。著者が妻を想うシーンでは、僕はこれほどまで強...続きを読む
  • 夜と霧 新版
    凄まじい。

    「もはやなにも残されていなくても」などといった、この本のなかのほんの一編を授業の参考文献で読んだことがあった。この本を手にとるときそんなことは思いつきもしなかったのだが、いざ文章を読みはじめると「この言葉を読んだことがある」と強烈に感じた。つよい体験としてからだに残っていたのだろう。
    ...続きを読む

特集