「池田香代子」おすすめ作品一覧

「池田香代子」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2018/01/12更新

ユーザーレビュー

  • 夜と霧 新版
    ???????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????
    ??????????????????????????????????????????????????????????????...続きを読む
  • 夜と霧 新版
    1ページ1ページ読み進めるのが困難だった。2,3行読んでは、窓の外に目をやり、本の内容と関係のないことに思いをはせ、自分の感情がここに記されたことを深く受け止め過ぎないように調節する必要があったから。そうでもしなければ先に進めなかった。生きている間に一度は読むべき本であろう。買ってよかった。いつか旧...続きを読む
  • 夜と霧 新版
    一文一文私を慰めるような新しい読書体験
    何度も読みたいね

    アウシュビッツの被収容者も、今生きている私たちと同じようにそれぞれの人生があって、それぞれの感情、思惑があった。そこを捨象してはならない。

    読みやすかった

    悲しいエピみたいな、思っていた内容と違ってよかった

    崇高な内面への到達

    学術...続きを読む
  • 夜と霧 新版
    驕らない書き方に好感。説得してこないのでゆっくり自分で解釈できる。
    今まで「夜と霧」は、収容所の悲惨さから命の大切さを教えるような本だと思ってたけど全然違った。収容所の仲間たちが自己を失ってゆく、又は頑強に保持し続ける過程を心理学者として観察したものだった。
    筆者が収容所での暮らしで考え出した生きる...続きを読む
  • 夜と霧 新版
    “人間とは、人間とはなにかをつねに決定する存在だ。”(新版 p145)

    ニーチェの『ツァラトストラ』にも通ずる「生きる」ことへの強い肯定を示した1冊。
    ニーチェは、かなり芸術家寄りの激しくロックな野郎でしたが
    フランクルは、精神科医であるがゆえに、アプローチがカウンセリング的で、
    切り込み方は鋭く...続きを読む

特集