飛ぶ教室

飛ぶ教室

作者名 :
通常価格 748円 (680円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

ボクサー志望のマッツ,貧しくも秀才のマルティン,臆病なウーリ,詩人ジョニー,クールなゼバスティアーン.生いたちも性格もまったくちがう少年たちはそれぞれに,悩み,悲しみ,そしてあこがれを抱いています.寄宿学校でくり広げられる,涙と笑いがつまったクリスマスの物語.新訳.

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
児童書 / 児童文学
出版社
岩波書店
掲載誌・レーベル
岩波少年文庫
ページ数
254ページ
電子版発売日
2020年12月24日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
5MB

飛ぶ教室 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年11月21日

    児童文学でありながら大人こそ読むべき本。
    学校の先生や近所に住む大人、寄宿舎に子どもを預ける親の気持ちが切実に伝わってくる。
    そして彼らがとても魅力的に見える。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年08月02日

    NHKラジオ「高橋源一郎の飛ぶ教室」をよく聴いています。
    そんなご縁から来年還暦になるオヤジが岩波少年文庫(小学校4.5年以上)を手にしました。

    この小説に子供時代に出会うことのできた少年少女たちは、それだけで宝箱にしまっておくプレゼントをひとつ手にできたのではないか、子供の頃外遊び専門で読書体験...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年06月26日

    だいぶ前に読み終わったのを思い出しながら描くのでいろいろおぼろげなのですが、子どもながらの世界でもいろいろあって奮闘する少年たちの姿には勇気を分けてもらえた気がする。そしてその少年たちを見守る大人の姿がとてもかっこよくて見習いたく、距離感がとてもよかった。人生で大切なことがこの本に書かれてると感じた...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年04月09日

    ケストナーがこの本を書いたのは、1933年。ドイツはナチス政権となり、ケストナーは、好ましくない作家のため
    この本も含めナチスに燃やされた可能性がある。世相を感じるためか。所々に強いメッセージを感じる言葉が出て来る。平和を乱すことが為されたならそれをした者だけで無く止めなかった者にも責任はある。
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年09月10日

    大人になってからの再読。色褪せない力と優しさを感じる物語。少年達皆が愛おしい。
    次の世代の人にも読んで欲しい名著。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年06月24日

    子どものころにも読みましたし、その後も繰り返し読む大好きな本です。マルチンもヨナタンも正義先生も、登場する人々それぞれが好きです。少々内容的には古いかもしれませんが、内面の輝くような精神は時代が変わっても変わらないと思います。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年03月02日

    ドイツの寄宿学校(ギムナジウム)に通う5人の五年生を中心としたクリスマス休暇を迎えるまでの数日間の出来事。
    喧嘩のあたりは面白くなかった(というと失礼ですが)けれど中盤以降、子供たちや先生がそれぞれ抱える葛藤や友情、正義、について物語の主題がわかりはじめてからは夢中で読んだ。クリスマスに相応しい一冊...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年07月07日

    主な5人の登場人物をのみこむまで時間がかかった。
    ヨナタンだったり、ジョニーだったり、呼び方も変わるので。
    中盤から、俄然、おもしろくなる。
    マルティンにも素敵なクリスマスプレゼントがあって、本当に良かった。
    エピローグもよかったし、もう一度初めから読んでしまった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年12月14日

    池田香代子訳で再読。
    禁煙さんと正義さんは今の自分と同年代。経た。
    こうなったら映画も観なきゃ!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年11月20日

    大昔に読んだ本を池田香代子さんの訳で再読。
    「世界の歴史には、かしこくない人びとが勇気を持ち、かしこい人が臆病だった時代がいくらもあった。これは正しいことではなかった。」
    ケストナーは過去のこととして書いているが、目の前で起こっていることへの必死の警告と心の底からの怒りや悲しみが込められている。(あ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています