大竹文雄の一覧

「大竹文雄」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2019/06/11更新

ユーザーレビュー

  • 医療現場の行動経済学―すれ違う医者と患者
    「なぜ人は思い通りに行動してくれないのだろうか?」と思うことはないだろうか。

     全ての人が合理的に行動できるとは限らない。というよりもむしろ合理的に行動できる人の方が少ない。
     わかってはいるけれど、なかなかできない。それは行動経済学的に説明可能な人間の性である。

     行動しないその個人が悪いので...続きを読む
  • 医療現場の行動経済学―すれ違う医者と患者
    「ヒューリスティックス」「ナッジ」使い慣れない言葉が、医療業界あるあるの繰り返しできちんと身についていくしっかりとした構成。当然 本丸はACPでした。後書きの森田先生の書評もいい。
  • 競争社会の歩き方 自分の「強み」を見つけるには
    「競争社会」と聞くと、現在の格差社会を生み出している諸悪の根源のように
    言われますが、この本を読むと考え方を改めることになります。

    例えば運動会で徒競走の順位づけがされなかった教育を受けて育つと「利他性」
    が低くなり、他人を思いやる心がなく、やられたらやり返すという価値観を持つ
    傾向が高くなるそう...続きを読む
  • 医療現場の行動経済学―すれ違う医者と患者
    これは面白い。行動経済学を医療現場に当てはめると、人の行動が理解でき、逆に患者の行動を促すための医療側のアクションが見えてくる。

    損失回避バイアス:人は利益よりも損失を大きく評価してしまいがちで、それを避ける行動をとる
    フレーミング:参照点が変わると人の評価は変わる
    現状維持バイアス:大きな変化を...続きを読む
  • 医療現場の行動経済学―すれ違う医者と患者
    医療現場で行われる様々な意思決定や行動を行動経済学の視点から分析しています。
    このことを意識していると、こちらから声かける言葉も変わってきますね。

特集