「野矢茂樹」おすすめ作品一覧

【野矢茂樹】の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2017/04/20更新

ユーザーレビュー

  • はじめて考えるときのように 「わかる」ための哲学的道案内
    メモ:
    言葉がないと、考えられない。言葉を鍛える。
    共感よりも、違和感、変なものから、新しい意味あいが広がる。
    つめこんで、ゆさぶって、からっぽにする。
  • はじめて考えるときのように 「わかる」ための哲学的道案内
    「考える」とは何か?を考えた本。
    堅苦しくなく、優しい語りを聞いているようで、
    スッと内容が入ってきた。
  • 入門!論理学
    「論理学とはこういうもの」といことを分かりやすく平易に説明しており、論理学を学び始める前の第一歩としてはとても良い本だと感じた。

    これ以上論理学というもを分かりやすく説明した本は、おそらくないだろう。

    分かりやすいが、簡単過ぎないという絶妙な内容。

    まさに求めていた内容であり、何度も読んで内容...続きを読む
  • 心という難問 空間・身体・意味
    約20年前「無限論の教室」に出会って以来、著者の平易な語り口の虜になってしまい、以降全てではないが同氏の著述を可能な限り追いかけてきた僕。そこではテーマは違えどいつも「世界とこの私」を巡る疑問が通底していた。本書は著者の深く永きに亘るこの「他我問題」を、極めて平易な言葉で、しかし周到な注意を払いなが...続きを読む
  • はじめて考えるときのように 「わかる」ための哲学的道案内
    近頃興味が湧いてきて、哲学の周辺をうろうろしているわたし。
    この本は上段に構えず、できるだけ同じ高さから語ってくれている。その語り口調も飄々としたユーモアに満ちていて、面白い友人と話しているような期待感をもって、読み進めてしまう。
    楽しいばかりでなく、結論へと分かりやすく導いてくれるように構成されて...続きを読む