野矢茂樹の作品一覧

「野矢茂樹」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2023/11/22更新

ユーザーレビュー

  • 言語哲学がはじまる
    著者は言語哲学の入門として書いておらず、面白かった話を他者にもしたくて書いた、としています。そういう意味で成功していると思う。
    私はウィトゲンシュタインの論考と探求の違いに興味があったのでとても良かった。あと、全体論的言語観に興味を持った。言語習得論とのからみも面白そう。
  • 論理哲学論考
    この一冊ですべての哲学を終わらせる、と聞いて憧れて買った。いまだに内容はよくわからないものの、自分の理解では「我々は当たり前のことしか語れない。その裏にあるものは語れない。だから哲学は無意味だ」。
  • 語りえぬものを語る
    可能性世界論、ウィトゲンシュタイン、不完全性定理、メタ数学、などをやる人はとても楽しめるのではないだろうか。
  • はじめて考えるときのように 「わかる」ための哲学的道案内
    これはきっと、通読することに大きな価値はないと思った。読むという一時の体験で終わる話ではないからだ。そうじゃなくて、持っておいて、時折開いて、見て、長く付き合っていくと、この本がボロボロになるのと比例して価値も大きくなっていくのだと思う。
    問題を抱えて、揺さぶって、空っぽにする。そしてまた問題を抱え...続きを読む
  • 無限論の教室
    高校数学の微分積分で初めて出会う無限に対し、主に哲学的なアプローチで考えていく作品。
    全体が学生と先生の対話という体で構成されているので、サクサクと読み進めることができます。

    自分はこの作品を読んで無限や論理というものにより興味をもち、より専門的な本を読んでみようと思えるモチベーションになりました...続きを読む

新規会員限定 70%OFFクーポンプレゼント!