野矢茂樹の一覧

「野矢茂樹」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

値引き作品コーナー

作品一覧

2019/03/01更新

ユーザーレビュー

  • はじめて考えるときのように 「わかる」ための哲学的道案内
    文章と絵がとても素敵な本でした。
    考えるという事を、一歩引いて広く考える、逆に近づいてじっくり深掘りする。
    その両方に対してアプローチできる本です。
    概念が広がった感覚を感じました。
  • 入門!論理学
    タイトルに「入門」とあるが、筆者が「はじめに」で述べているように、本書は基礎以上の内容になっている。だから、結構難しい。ただし、数式を使ってないので、数学が苦手な私でも理解できた。この本のお陰で論理学の楽しさを知れたので筆者に感謝したい。
  • はじめて考えるときのように 「わかる」ための哲学的道案内
    昔から一人頭の中で考えることが好きだったが、そういえば最近あまりそういう時間を取れていないなあと振り返るきっかけになった。考える楽しさを思い出したくなった時にまた読みたい。
  • 「ロンリ」の授業
    これが論理、なのかはちと疑問であるが…
    人が人と話す時に、気をつけた方がいいことが書かれている。自分が話す時も、聞き手に回る時も。
    自分が変な、論理的でないことを言わないのも大切だが、私に必要なのはむしろ、人から筋の通らないことを強弁された際に、どう対応するかであった。
    この本には、こいつなんか変な...続きを読む
  • 無限論の教室
    数学に関する哲学の本。
    数学基礎論の本かな。

    対角線論法が思いの外、適用範囲が広くて驚愕する。
    実数の濃度の証明は知っていたが、ラッセル集合、ゲーデルの証明にも使われていたなんて。

    まさにメタな視点が度々求められるが、自分の「脳力」を鍛えるために面白い本だった。