大崎善生の一覧

「大崎善生」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2019/03/23更新

ユーザーレビュー

  • 聖の青春
    過去にも読んだが、文庫をもらったので再読。傷ましく不器用にも突き進む純粋さに胸をつかれる。本人のことはもとより、彼を受け止める周りの人々もまた素晴らしい。
  • 将棋の子
    勝負の世界という、自分の果てしない努力と、才能のみに頼って生きていかなければいけない場所に身を置いて生きていく覚悟、そうして覚悟を決めて、ただそれのみに青春を捧げて全てを投げ捨てても、年齢制限という無情な壁の前に、諦めなければいけない絶望、焦燥。

    成功した人間に焦点を当てた本はいくらでもあるけれ...続きを読む
  • 孤独の森
    癒し系の話を書く作家さんのイメージがあったので、少年の冒険と成長の物語かなーとほのぼの読み始めたら、エネルギー溢れる描写と怒涛のスケールの展開に圧倒されました。
    久しぶりに、ああこの本に出会えてよかったと思った1冊です。
    スケール感や人知を越えた力が出てくるあたりか、ガダラの豚とかグインサーガのイメ...続きを読む
  • いつかの夏 名古屋闇サイト殺人事件
    単行本刊行時から気になっていて、ノンフの文庫化はハードルが高かな、とか思ってたんだけど、まずは無事文庫になって良かった。はらわた煮えくり返る胸糞悪い内容だけど、より汎用性の高い形で読み継がれるのは歓迎すべき。
    注意していれば避けられたというようなものじゃなく、災害とでも呼ぶしかない凶事には、心底慄然...続きを読む
  • パイロットフィッシュ
    よく磨きあげられたコップに注がれた冷えた水のように
    まるで水が無いかのごとく完璧に透明な水槽のように
    シベリアの森の奥深くにひっそりとたたずむバイカル湖のように
    透明感のある綺麗で切ないかつての恋人同士の記憶の物語。
    私はこういう会話が面白くて文章が綺麗な静かなお話しが好きです。なので渡辺さんの自論...続きを読む

特集