大崎善生の作品一覧

「大崎善生」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2019/03/23更新

ユーザーレビュー

  • 将棋の子
    自分も将棋が好きなので一読しました。

    将棋奨励会の三段リーグのお話で、神童と呼ばれた小学生の主人公の物語。

    将棋と言う、盤上での格闘技という文脈を感じる作品として読みました。

    将棋一本という奨励会の人生の時間や、プロとしての壁を一生懸命に打破していくプロ棋士の生々しい生き方が厳しいので、まるで...続きを読む
  • 聖の青春
    彼の人生が決して綺麗に繕うことなく日常的に淡々と綴られているからこそ、将棋の世界で生きるということが、そして病と共に生きていかなければならない現実が、彼にとって当たり前であったのだと強く感じさせられた。「面白かった」と軽々しく言葉には出来ない。ただ、ひたすらに、彼の強い信念と人間味のある生き方に強く...続きを読む
  • 将棋の子
    将棋にかける、若さの全てをかける世界。
    スポーツや勉強にかける他の世界とは全く異なる世界。
    泣ける。
    奨励会とは厳しい制度だ。
    だが、そこで夢破れても何も残らないことはない。確かに戦った経験があり、残るものがあり、その意味で彼らや彼女らは将棋の子である。
  • 聖の青春
    あまりに純粋に生きた生涯。
    神格化される部分だけでなく、不器用な男の子人間味ある部分に惹かれる。

    幼い頃から病気により自由のない世界にいたが、将棋に出会い、将棋を通して世界を広げていく。
  • 聖の青春
    村山くんに対しての愛情が計り知れないほど深く、また彼自身の命を懸けた将棋への情熱・・・我慢していても涙が絞り出てきます。

新規会員限定 70%OFFクーポンプレゼント!