鮎川哲也の一覧

「鮎川哲也」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:鮎川哲也(アユカワテツヤ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1919年02月14日
  • 出身地:日本 / 東京都
  • 職業:作家

拓殖大学商学部卒。『ペトロフ事件』がデビュー作品。『憎悪の化石』と『黒い白鳥』は日本探偵作家クラブ賞を受賞。

作品一覧

2022/08/09更新

ユーザーレビュー

  • 黒いトランク
    名作、と聞いていたけれど、古くて読みづらいのでは……となんとなしに読まずにこれまで来てしまった。
    で、満を持して(?)読んでみたら、面白かった!

    トランクと死体と容疑者の移動トリック。
    どうしてこんなことを思いつけるのか……。
    すごかった。

    ガチガチのアリバイトリックだけど、登場人物の絞り込みが...続きを読む
  • リラ荘殺人事件
    夏休み合宿でリラ荘に集まった芸大生を襲う連続殺人事件。犯行現場にはスペードのAから順にトランプが残される―と言う正統派推理小説。
    原形版はSRの会の犯人当てに供されただけあって最終的に容疑者は実質的に2択にまで絞られ、本文でも露骨なほどフェアに「はい、このシーンのやりとりがヒントですよー!」と書かれ...続きを読む
  • 黒いトランク
    解説で有栖川氏が「世界で一番好きなミステリ」「私が好きなミステリとはこういうもの」と述べているが、まさに私にとっても、好きな要素をとにかく詰め込んでまとめてくれたような小説であった。
    まず、クロフツ式の、地道な裏付け捜査とそれにより過去の被害者や犯人の動きが徐々に明らかになっていく過程は、人によって...続きを読む
  • リラ荘殺人事件
    古い作品のため、なかなか手出してなかったですが、それを今となっては悔やんでいます。
    なぜもっと早く読まなかったのか⁈
    本当に素晴らしいです。
    本作品はまさに本格ミステリーの金字塔です‼︎
    それなりのミステリー小説を読んできましたが、ここまでフェアかつ難解のミステリーは初めてです。(私自身ミステリー小...続きを読む
  • 黒いトランク
    緻密に組み立てられた論理が美しく、また文章も読みやすいため一気に読み進めた。
    アリバイトリックもので、派手さはないけれど非常に引き込まれる作品。こんなに真剣に時刻表とにらめっこしたのは初めてかもしれない。
    本編も素晴らしいですが、解説の座談会に愛を感じました。

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!