永瀬隼介の一覧

「永瀬隼介」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

配信予定・最新刊

作品一覧

2020/12/04更新

ユーザーレビュー

  • 霧島から来た刑事
    永瀬隼介『霧島から来た刑事』光文社文庫 。

    最初は情け容赦無い鹿児島弁の連発に戸惑うものの、それがかえってリアリティを感じさせてくれると同時にほっこりさせてくれる。意外なストーリー、息子を思う親の愛。非常に面白い。そしてラストには涙、涙、涙……

    鹿児島県警を定年退官し、地元鹿児島で悠々自適に暮ら...続きを読む
  • 特捜投資家
    教養を感じる文体。成功者の光と闇。成功者の鋭い視点。実在に近い社会や登場人物の描写。
    派手な成功は裏社会にも通じる。それらと戦っていくだけの頭脳と臭覚が必要。
  • 無の夜
    評価は5

    内容(BOOKデーターベース)
    閑古鳥が鳴く新宿のバー兼探偵事務所「あなたのシュガー」。だが、謎の美女が訪れた夜から、龍二と秀之進は政界の怪物に接近することに。その男はカリスマ性と“あるもの”によって日本を覆さんとしていた―。元刑事の探偵コンビ「ダブルシュガー」シリーズ完結篇。文庫書き下...続きを読む
  • 特捜投資家

    面白い

    勉強にもなるし、何より世界観に引き込まれる。続編やスピンオフに期待。。。
  • 総理に告ぐ 新橋署刑事課特別治安室〈NEO〉
    永瀬隼介『総理に告ぐ 新橋署刑事課特別治安室〈NEO〉』角川文庫。

    非常にリアリティがあり、恐怖を感じると共に何とも痛快なサスペンスだった。政界の裏、警察組織の恐ろしさ、政界とマスコミの癒着など、危ない情報がたっぷり詰まった異色の警察小説である。『経済的徴兵制』……今の総理大臣ならやりかねないだろ...続きを読む