大統領に告ぐ 新橋署刑事課特別治安室〈NEO〉

大統領に告ぐ 新橋署刑事課特別治安室〈NEO〉

作者名 :
通常価格 1,980円 (1,800円+税)
獲得ポイント

9pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

都内近郊で4件の殺人事件が発生した。被害者の繋がりから容疑者として浮上したのは、多国籍過激派『赤い牙』の重要メンバー深町春の息子、深町陽。やがて5人目のターゲットが判明すると警察庁に激震が走る。次の標的は来日間近の米国大統領だったのだ。狙撃場所の特定と実行阻止を任されたのは、警察庁直轄で国難事案を任務とする新橋署刑事課特別治安室〈NEO〉。彼らは春の元恋人かつ陽が尊敬を表す人物、元過激派で無期懲役囚の甲斐宗太郎に協力を求める。タイムリミットが刻一刻と迫る中、大統領一行を乗せたエアフォースワンは横田基地に降り立った――。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ミステリー
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川書店単行本
電子版発売日
2019年03月20日
紙の本の発売
2019年03月
サイズ(目安)
3MB

大統領に告ぐ 新橋署刑事課特別治安室〈NEO〉 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年12月02日

    訪日する米大統領の暗殺計画を察知し、それを阻止すべく活動する新橋署刑事課特別治安室(NEO)の話だが、 70年代の過激派の解説を懐かしく読んだ.深町陽は中東に渡って様々な事件を起こした伝説的な春の息子で、余命いくばくもない母からの殺人指令を得て実行する.最後が米大統領.NEOの久世、黒澤、堤は怜悧な...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年06月11日

    6月-8。3.5点。
    NEO第二弾。米国大統領が来日。暗殺情報あり、捜査。
    意外な方向。面白い。年寄りふたりが、良い味。
    ラストの首相の奮闘は現実感が薄いか。

    総理、大統領と来たら、続編できるのかな。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2019年03月25日

    ★3個が最大です(例外は特別な作品)
    この作家さん2冊目
    大きな素材を扱う作者さんだけど、話を転がすキャラや事件に緻密さが欠けているのが残念
    とはいえ、ラストまで読ませてくれるので面白い作家かも

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています