閃光

閃光

作者名 :
通常価格 880円 (800円+税)
紙の本 [参考] 968円 (税込)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

玉川上水で男性の扼殺体が発見された。捜査陣に名乗りを上げた老刑事・滝口と相棒に選ばれた巡査部長の片桐。滝口はこの殺人事件に三十年以上前に起きた“三億円事件”との接点を見いだす。その頃、殺された男と三億円事件当時仲間だった連中がにわかに再会を果たしていた。昭和最大のミステリーに、緊密な文体と重層的なプロットで迫る!『19歳 一家四人惨殺犯の告白』で読者を震撼させた著者がものした、犯罪小説の白眉。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ミステリー
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川文庫
電子版発売日
2014年02月21日
紙の本の発売
2006年05月
サイズ(目安)
1MB

    Posted by ブクログ 2011年07月17日

    3億円事件を題材にしたかなり長い作品です。
    筆致も重いのですが、その長さ、重さ以上に
    ストーリーに引っ張られて一気に読めました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年03月02日

    すっごく面白い!!!
    眠れなくなることを約束します。

    組織の為に生き、でも最後まで組織に報われなかった滝口と緒方(父)の姿に切なくなった。

    それにしても片桐、ちょっとカッカしすぎじゃない?
    かなり足引っ張ってる感があって感情移入できない登場人物。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年08月22日

    すごく面白くて、夢中になって読みました。
    これが本当の三億円事件の真相なんじゃないかと思うくらいリアルな作品!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年02月25日

    三億円事件をモチーフにした警察内部の暗闘を描いた小説です。定年寸前の刑事が、ある他殺体の名前を聞いて突如覚醒した。眠っていた事件が三十数年を経過し蠢き始めたのでありました。

    重厚なかみごたえ満点の刑事ドラマでした。かなり読むのに時間掛かりましたが、停滞する事なく引き込まれました。一つの事件が様々な...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年06月11日

    昭和史最大のミステリーである三億円事件をモチーフにした小説。犯行現場を実際の事件とは変えているが実際の三億円事件の背景などを踏襲しているリアリティーある内容で読みごたえがあった。警察組織の汚さ、怖さが描かれていて長編だが飽きずに読み進められた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年01月05日

    600頁とボリュームがありましたが、一気に読みました。実際の3億円事件の真相が闇の中なのが残念です。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年05月25日

    昭和の大事件である三億円事件。
    うっすらとしか三億円事件を知っていない自分にとっては、かなり面白かったです。

    単独犯説、複数犯説、警察の組織、隠蔽
    登場人物の背景も十分に書き込まれていて
    自然に惹き込まれてしまうミステリー

    実際に時効が成立してしまっている謎の事件
    真相がとっても、とっても気にな...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年04月20日

    玉川上水で見つかった男の死体は、三億円事件の容疑者のものだったが・・・
    この位ボリュームがあると、読んだなって気になる。
    虚実のバランスも絶妙だし、ウマッ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年12月11日

    内容(「BOOK」データベースより)
    玉川上水で男性の扼殺体が発見された。捜査陣に名乗りを上げた老刑事・滝口と相棒に選ばれた巡査部長の片桐。滝口はこの殺人事件に三十年以上前に起きた“三億円事件”との接点を見いだす。その頃、殺された男と三億円事件当時仲間だった連中がにわかに再会を果たしていた。昭和最大...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年08月15日

     後半部分はフィクションがメインの展開になっていくので、三億円事件の真相だ!なんて大仰なキャッチコピーを見せられると、それは違うんじゃねえの?と言いたくなりますが、初めから三億円事件を基に想像力を駆使して作り上げた小説として見れば、非常に出来の良い骨太な推理小説です。他の作品の読んでみたくなります。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています