「トルストイ」おすすめ作品一覧

「トルストイ」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2017/03/16更新

ユーザーレビュー

  • アンナ・カレーニナ 4
    最終巻、結婚生活と、束の間の都会暮らしに適応したリョービンしながらも漠然とした恐れを抱くリョービン。
    アンナは嫉妬に狂い、ヴロンスキーとの同居生活がますますこじれていってしまう。
    そんな風に始まった最終巻はまさに「生と死」を描いたもの。

    電車への飛び込み自殺、という悲惨な結末を迎えるアンナと、死に...続きを読む
  • イワン・イリッチの死
    生きることの意味を考えさせられる書だ。
    人は生きるうえで指針というものがなければ、生きることはできない。
    だがしかし、その指針というものが知らずのうちに多くの人がもつ指針を自分ももってしまっているということが、
    人生においてはどれだけ辛辣なことか。
    ある一人の人間の死にゆく姿でみることができる。
  • イワン・イリイチの死/クロイツェル・ソナタ
    ●「イワン・イリイチの死」

    トルストイが死んだのは1910年。20世紀に入ってからである。

    シェイクスピアが活躍したのが1600年代で、日本でいえば江戸時代にあたる。にもかかわらず登場人物の言葉や行動が今のわれわれに強く訴えかけてくるのは驚くべきことで、ハムレットなどは、主人公が現代人であっても...続きを読む
  • 戦争と平和 (二)
    読書日:2017年11月2日-11月16日.
    Original title:Война и мир.
    Author:Лев Николаевич Толстой.
    一番の感動所は、家族からは戦死したと思われていたАндрей(Andrey)が家族の元に戻ってきた場面です。
    しかしこの喜びも長くは続き...続きを読む
  • イワン・イリッチの死
    ここにはトルストイの幾つものメッセージが込められています。まず自分が他人にした事はいずれ形を変えて自分にも返って来るという事。
    凡人が陥り勝ちな自分の欲望を最優先に追い続ける生き方をするといつか後悔する時がくるということ。人間はどんな状況でも生きている限り他人の為に出来ることがあるということ。死にた...続きを読む