ドナルド・キーンの一覧

「ドナルド・キーン」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

配信予定・最新刊

作品一覧

2019/05/10更新

ユーザーレビュー

  • 二つの母国に生きて
    末尾の解説者が、本著は「小さな名著」であると書いている。同感。読みながら、キーン氏の魅力に惹きつけられ、楽しい気持ちになる。また日本はこんな素晴らしい人を引き付ける魅力があったのだと嬉しくなる。同時に昨今の日本を寂しくも感じるが。
  • 二つの母国に生きて
    この人の書く物が本当に大すき。両言語できるからこそ日本人に伝わる文化論。日本人は違いを重視しすぎという指摘は胸に刺さった。
  • 正岡子規
    恥ずかしながらドナルド・キーン翁の著作はこれが初読です。通っていた大学にも、アメリカ人でありながら日本文学の講義をされる教授が居り、懐かしくなってみたり。

    正岡子規に関する書籍をこの処ずっと読み続けているのですが、このボリュームにしてこの濃厚さよ!子規評伝を書かれる方は、矢張り「ノボさん」大好き!...続きを読む
  • 二つの母国に生きて
    【キーン氏の文章は、謙虚で誠実な“日本への愛”を呼び覚ましてくれます】
    日本研究の第一人者、コロンビア大学名誉教授のドナルド・キーン氏が 80年代に綴ったエッセイ集です。全編を通して、米国に生まれたキーン氏が日本に魅せられ、深い知性と謙虚な学びの姿勢で日本の人・文学・文化と向き合ってきた様子が浮かび...続きを読む
  • 二つの母国に生きて
    戦争裁判の話は踏み切ったところまで入り込んでるのが興味深かった。他のアメリカ人からはこういう意見は聞けないと思う。

特集