日本人の戦争 作家の日記を読む

日本人の戦争 作家の日記を読む

作者名 :
通常価格 1,400円 (1,273円+税)
紙の本 [参考] 1,430円 (税込)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

作家たちにとって戦争とは何だったのか。
戦中、戦後の5年にわたる日記から作家たちの喜びと悲しみをあざやかに読み解く。

永井荷風、高見順、伊藤整、山田風太郎らは、日本の太平洋戦争突入から敗戦までをどう受け止めたのか。
勝利に歓喜する者、敵への怒りに震える者、無力感から諦念に沈む者……。
作家たちの戦時の日記に生々しく刻まれた声に耳をすまし、国家の非常時における日本人の精神をあぶり出す傑作評論。

巻末に平野啓一郎との対談を収録。

※この電子書籍は2011年12月刊行の文春文庫を基とした文春文藝ライブラリーを底本としています。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
エッセイ・紀行 / エッセイ
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春学藝ライブラリー
ページ数
352ページ
電子版発売日
2020年02月05日
紙の本の発売
2020年02月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

日本人の戦争 作家の日記を読む のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年04月18日

    「山田風太郎の日記を読んでわかったのは、それまで人は読んだ本によって自分の性格や信念を形成すると思っていたわたしの考えが間違いであるということだった。」
     著者は冒頭近くでこのように述べている。本書は、タイトルこそ「日本人の戦争」とされているが、副題の「作家の日記を読む」の通り、戦争についての著作と...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

文春学藝ライブラリー の最新刊

無料で読める エッセイ・紀行

エッセイ・紀行 ランキング