思い出の作家たち―谷崎・川端・三島・安部・司馬―(新潮文庫)

思い出の作家たち―谷崎・川端・三島・安部・司馬―(新潮文庫)

作者名 :
通常価格 473円 (430円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

日本の古典文学を愛する一方で、常に現代文学の目撃者たらんとしたドナルド・キーン。深い愛情と冷徹な眼差しが同居する特異な批評精神を発揮し、日本文学を世界文学の域に高めるべく巨大な足跡を残した。『細雪』の秘密を語る谷崎の思い出。川端の前衛主義者としての意外な横顔。自決直前の三島から受け取った手紙。安部や司馬とののびやかな友情。珠玉の追想集にして稀有なる文学論。(解説・尾崎真理子)

ジャンル
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮文庫
電子版発売日
2019年10月25日
紙の本の発売
2019年04月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

思い出の作家たち―谷崎・川端・三島・安部・司馬―(新潮文庫) のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年07月09日

    谷崎、川端、三島、阿部、司馬の5名に対する親愛に満ちた論評・エピソード集。いずれも著者のあたたかい眼差しが彼らに向けられている。
    谷崎:「この新訳(源氏物語)に費やした四年間を、彼自身の創作に打ち込んでいたならばと思うと、やはり残念と言わざるを得ない。」とは、谷崎に対する最大限の賛辞だと思う。
    川端...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年03月24日

    ドナルドキーン 「思い出の作家たち」
    著者が 谷崎潤一郎 川端康成 三島由紀夫 安部公房 司馬遼太郎 との思い出や作品を語ったエッセイ。

    エピソードのチョイスがいい。作家たちの人柄や考え方を知ることができる。安部とのエピソードは 安部の処女小説の背景と直接つながっていて 作品理解につながっ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年06月20日

    手にした時のボリュウムに対して、読後の満腹感は意外とありました。ずっしり。
    キーン翁との交友のあった5人の文豪について、翁が語るエッセイ。有名どころ過ぎてそんな事は無いだろうなと思いつつも、今更「へえ」とさせられる点もぽつぽつあり面白かったです。

    安倍公房のキャラも、司馬さんの政治力も、各々の作品...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2019年12月08日

    ドナルド・キーン氏が、今年(2019年)の2月に96歳で亡くなったことは、まだ記憶に新しい。外国人でありながら、日本文学や日本文化にこれだけ精通している研究者は、まずいないだろう。

    そんなキーン氏が自ら選んだ5人の日本人作家について、特別な思い出を語り記したエッセイが本書である。それにしても、日本...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています