藤田宜永の一覧

「藤田宜永」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

配信予定・最新刊

作品一覧

2021/01/15更新

ユーザーレビュー

  • 樹下の想い

    久し振りです

    久し振りに読み終えて余韻を楽しめました。高橋治の「風の盆恋」は今も心に残る一冊ですが、きっとこの本も心に残る一冊にプラスされるでしょう。主人公の花材屋という職業も興味深く生き方にも心引かれるが、思われる相手の女性の身になると「言ってくれれば人生変わったかも知れません」ということなのでしょう。
  • 悪徒
    読み応え抜群!!
    元弁護士の藤立、殺し屋の榎波のドラマを観ている様な見後なW主演。
    元刑事の干場、元殺し屋の花井が仲間に加わり重い所は重く、軽い所は軽く·····みたいなプロットが素晴らしかった。

    藤立の悪度さがカッコイイし、相棒になりたい干場は可愛いし
    ドロドロ血生臭いだけではないのが良かった。...続きを読む
  • わかって下さい(新潮文庫)
    今でもたまに聴く、因幡晃氏の「わかって下さい」。リンクした内容の短編。想像だにしない展開と結末に、さわやかなな方の涙が少し流れてきた。
  • 影の探偵 〈新装版〉
    探偵小説大好き人間としては、大変に楽しめました。
    どちらと言うと軽めのタッチかな。
    影乃のハードボイルドだけどユーモアセンス溢れるセリフが、抜群に良かったです。
    藤田宜永さんは、数々の探偵ものがシリーズであるみたいだけど
    まだ読んだことがないので、他作品はどんなタッチの探偵なのか、非常に興味が湧きま...続きを読む
  • 激動 東京五輪 1964

    蘇る昭和の世界、味わいある七編

    東京オリンピックを背景に、著名なミステリー作家七人によるアンソロジー。あの頃は今よりもみんなが前向きで、街にも活気があふれていたような気がする。初めて読む作家もいて、それぞれの持ち味が楽しめてよかった。個人的には月村さんが面白かったかな。