松永美穂の一覧

「松永美穂」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

値引き作品コーナー

作品一覧

2019/06/07更新

ユーザーレビュー

  • 朗読者(新潮文庫)
    もっともっと早く読めば良かった。感動させたベストセラーだからと言うわけではなく、自分と彼女の関係、父との関係、友との関係、その関係性の中で何が正しく、何が違っているかを物語はあくまで読者に委ねている。自分はどう考えるか?ハンナが裁判で語ったようにあなたならどうしますか?心に突き刺さる。
  • 朗読者(新潮文庫)
    最初は単純な年下の男の子と年上の女性の恋物語かと読み進めていたが、中盤から物語がガラッと変化する。途中結構辛くなったけど最後は一気に読めた。ハンナは努力家の真っ直ぐな気質で女性で、それ故に許される自分のことが自分で許せなくなったのか。自分が同じ立場になったときにどう行動できるのか、反復して考えるため...続きを読む
  • 朗読者(新潮文庫)
    大学のドイツ語の先生に薦められて読みました。

    坊やの心情やハンナの裁判での葛藤が映画よりも細かく描かれていると感じました。
    特に、裁判でのハンナの一言が印象的です。

    そして、最後のハンナの選択には涙が止まりませんでした。
    さらに、最後の一文にも涙が溢れました。

    20代の私にはハンナの選択が理解...続きを読む
  • 車輪の下で
    昔大学生のころだったと思いますが。。
    そのころに付き合っていた人に紹介してもらった
    と思う本。
    そのころは読まなかったのですが。
    その時にこの本を読んでいれば、どう思って
    どうなっていたのか?
    もういまとなっては、そんなに重くは受け止めることは
    ないですが。
    やはり、自分のことを考えてしまう内容だっ...続きを読む
  • 朗読者(新潮文庫)
    私たちは「あの出来事」を、どう思い出すべきなのか。
    無機質を気取って、他者の過ちだと斬って捨てるのか、理解しようと努め、苦しみ続けるのか。