木村元彦の一覧

「木村元彦」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2020/09/25更新

ユーザーレビュー

  • ぼくは挑戦人
    オモニが素敵すぎる。ちゃんへん。さんが、学校で暴力を受けて、そこへやってきたオモニが校長先生に放った一言が、真理すぎて震えました
  • ぼくは挑戦人
    読書家の世界では年間約100冊を読むことは少ない方かもしれませんが、とにかく今まで読んできた本、特にノンフィクションの中で最も感銘を受けましたので、より多くの方に読んで頂きたくて初めてレビューを書かせて頂きます。

    在日コリアン三世として京都に生まれた著者は、小学生時代に激しいいじめを経験するが、漫...続きを読む
  • 新版 悪者見参 ユーゴスラビアサッカー戦記
    ユーゴ内戦後、世界的に「悪者」となったサッカーユーゴ代表を中心に、旧ユーゴ内のチームや選手を追ったドキュメンタリー。著者のユーゴ代表への愛情や国際的な無理解への怒りなど、本当に熱くておもしろい。サッカーファンでなくても、人の営みの愚かさと愛おしさに心が震えること間違いなし。
  • 争うは本意ならねど 日本サッカーを救った我那覇和樹と彼を支えた人々の美らゴール
    オシムジャパンで彗星の如く現れたストライカー我那覇和樹がJFAのデタラメなドーピング裁定に対し何故立ち上がったか、そしてアスリートを支援するチームドクター達が如何にJリーグと闘ったかのノンフィクション。
    私はナベツネの魔手からJリーグを守り、Bリーグを混沌から立ち上げた川淵さんを高く評価する身ですが...続きを読む
  • 新版 悪者見参 ユーゴスラビアサッカー戦記
    国境で分けられぬ民、国籍で括れぬ意思。これがバルカンなのだ。
    絶対的な悪者は生まれない。絶対的な悪者は作られるのだ。

    NATOによる空爆とユーゴスラビア崩壊、そしてマスメディアによる情報操作。
    ジャーナリスト斯くあるべき、現地取材による生の声から真実に迫る戦記。
    今なお色褪せない、どころか、今も燻...続きを読む