新版 悪者見参 ユーゴスラビアサッカー戦記

新版 悪者見参 ユーゴスラビアサッカー戦記

作者名 :
通常価格 836円 (760円+税)
紙の本 [参考] 902円 (税込)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

クロアチアの準優勝が世界を驚かせた2018年サッカーW杯ロシア大会。スイス対セルビア戦でコソボ移民の二人が見せた「鷲のポーズ」。さかのぼること20年、1999年のNATOによるユーゴ空爆にその端緒を探ることができる。当時、著者が身の危険を顧みず「世界の悪者」とされた旧ユーゴ紛争地を歩き、直に触れたすべてを綴った貴重な記録。執筆当時から現在までの空白を繋ぐ追章を加えた新版。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
ノンフィクション / ノンフィクション・ドキュメンタリー
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社文庫
ページ数
448ページ
電子版発売日
2018年12月07日
紙の本の発売
2018年10月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
8MB

新版 悪者見参 ユーゴスラビアサッカー戦記 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2020年08月25日

    ユーゴ内戦後、世界的に「悪者」となったサッカーユーゴ代表を中心に、旧ユーゴ内のチームや選手を追ったドキュメンタリー。著者のユーゴ代表への愛情や国際的な無理解への怒りなど、本当に熱くておもしろい。サッカーファンでなくても、人の営みの愚かさと愛おしさに心が震えること間違いなし。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年05月01日

    国境で分けられぬ民、国籍で括れぬ意思。これがバルカンなのだ。
    絶対的な悪者は生まれない。絶対的な悪者は作られるのだ。

    NATOによる空爆とユーゴスラビア崩壊、そしてマスメディアによる情報操作。
    ジャーナリスト斯くあるべき、現地取材による生の声から真実に迫る戦記。
    今なお色褪せない、どころか、今も燻...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

集英社文庫 の最新刊

無料で読める ノンフィクション

ノンフィクション ランキング