さらば、ヘイト本!  嫌韓反中本ブームの裏側

さらば、ヘイト本! 嫌韓反中本ブームの裏側

作者名 :
通常価格 990円 (900円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

  • 無料サンプル
  • ブラウザ試し読み

  • アプリ試し読み

作品内容

他民族を嘲笑したり、排外主義を煽る「ヘイト本」は、すでにオワコン(終わったコンテンツ)となっている。
しかし、それらがどのようにして量産されたかを明らかにせずに、「再燃」を防ぐことはできない。
出版業界に生きるジャーナリストたちが、自ら立ち上がり、そのカラクリを暴くーー

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
社会・政治 / 社会学
出版社
ころから
電子版発売日
2019年10月11日
紙の本の発売
2015年05月
サイズ(目安)
16MB

さらば、ヘイト本! 嫌韓反中本ブームの裏側 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2017年04月15日

    3年ほど前まで、本屋の棚一つを占領することもあった「ヘイト本」。その出版に手を染めた編集者への直撃インタビューとともに、ヘイト本の内容の荒唐無稽さについて論じている本。ブームが去ったからこそ書ける裏話という感じの話題が多くとても興味深く読んだ。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2015年10月28日

    ・ネトウヨは本を読まない。読むのはタイトルと目次だけ。

    ・書籍『関東大震災「朝鮮人虐殺」はなかった』(工藤美代子著)は、その証拠として当時の新聞に掲載された「朝鮮人による暴動」記事を紹介している。
    朝鮮人が暴動を起こしたため、自衛として反撃したのであり、虐殺ではない主張している。
    しかし当時、震災...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

無料で読める 社会・政治

社会・政治 ランキング