【感想・ネタバレ】ザ・ファブル(11)のレビュー

書店員のおすすめ

伝説の殺し屋、1年休業で過ごすはじめての「ふつうの生活」

裏社会で伝説と恐れられる、"殺しの天才"「ファブル」。
幼少の頃から技を叩き込まれた彼が、1年間の殺し屋休業を命じられ、一般人に扮して「ふつうの生活」を送ることに。超一流の殺し屋ファブルは、はじめての平和な日常を、無事過ごすことが出来るのか!?というお話。

各巻表紙の危険な雰囲気そのまま、ハードなアクションや今時の裏社会など、シリアスな場面も読み応えがありますが、面白いのは結構な頻度で描かれる「ふつうの生活」。

特に、ファブルと同じく正体を隠し妹を演じる女、洋子が面白く、ファブルとの絶妙な掛け合いや、ヒマ潰しに男を酔い潰すシーンなど、コメディーシーンが秀逸で、じわじわクセになる!
バイオレンスだけじゃない、ちょっと不思議な殺し屋マンガ、この作品だけの独特な面白さが味わえます。

ユーザーレビュー

購入済み

やはり

2020年04月06日

おもろっ!

このレビューは参考になりましたか?
購入済み

面白い。

ガリ 2017年12月12日

なんかどんどん面白くなってきてる。読みやすいし。いー感じです。

このレビューは参考になりましたか?
購入済み

南勝久の作品

sakusaku22 2017年09月15日

表題の件、南勝久の作品は好きです。ナニワトモワレも全巻見てますよ。

このレビューは参考になりましたか?
購入済み

格の違い

むっちゃん 2017年09月12日

デューク東郷にはかなわないにしても、ファブル佐藤強い。。
一般的な(?)殺し屋との差がわかる11巻。
相変わらず展開が気になる!

このレビューは参考になりましたか?
購入済み

面白い

かずくん 2017年09月06日

今ある漫画で一番面白いな

このレビューは参考になりましたか?
購入済み

(匿名) 2020年09月01日

面白すぎる!
ファブルみたいな魅力的なキャラクターにはなかなか出会えない。
最新刊まで大人買いする価値あり

このレビューは参考になりましたか?