【感想・ネタバレ】ザ・ファブル(19)のレビュー

書店員のおすすめ

伝説の殺し屋、1年休業で過ごすはじめての「ふつうの生活」

裏社会で伝説と恐れられる、"殺しの天才"「ファブル」。
幼少の頃から技を叩き込まれた彼が、1年間の殺し屋休業を命じられ、一般人に扮して「ふつうの生活」を送ることに。超一流の殺し屋ファブルは、はじめての平和な日常を、無事過ごすことが出来るのか!?というお話。

各巻表紙の危険な雰囲気そのまま、ハードなアクションや今時の裏社会など、シリアスな場面も読み応えがありますが、面白いのは結構な頻度で描かれる「ふつうの生活」。

特に、ファブルと同じく正体を隠し妹を演じる女、洋子が面白く、ファブルとの絶妙な掛け合いや、ヒマ潰しに男を酔い潰すシーンなど、コメディーシーンが秀逸で、じわじわクセになる!
バイオレンスだけじゃない、ちょっと不思議な殺し屋マンガ、この作品だけの独特な面白さが味わえます。

ユーザーレビュー

購入済み

面白い

ファブル 2019年12月29日

面白いです

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年10月27日

きゃ~待望の19巻!!
やっぱり「ファブル」おもしろすぎる~

監禁されたミサキを救い出すために山岡たちの元に行ったアキラ。そしてついにミサキの前でアキラの正体が…
って…え~!!なに~アザミが~!まさかあなた…
って驚きの展開から目が離せん~

もう今回も笑った
アザミの面接シーンがもう好きすぎて...続きを読む何回も読んでしまった

さてさて追い詰められた山岡の反撃がスタートするよ~
って、でも私、実は山岡のあのサイコパスぶり…
好きなんだよね~。

あ~20巻が楽しみすぎる~。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年10月23日

面白すぎる。ヒースレジャーのジョーカーとも殺し屋1のじじい・組長とも違う、山岡の「快楽追求」の説得力がかなり凄い。物語の流れも本当に面白いんだけど、ヨウコは兄は(恐らく)サヴァン症候群と言い切るし、人物造詣から物語展開に至るまで最高に傑作。

このレビューは参考になりましたか?
購入済み

表紙

Fujimoto 2019年10月14日

17巻、18巻の表紙は意図的か?・・・
内容は面白いと思うのですが、ストーリーの進行が遅くいような気がします。

このレビューは参考になりましたか?
購入済み

20巻への期待 単行本ユーザー

たねやん 2019年09月13日

連載読んで無いので、単行本ユーザーとして。
これは20巻における新展開の序章だな。登場人物たちの内面が揺さぶられる19巻。
揺さぶられ、どう行動し、それぞれとどう関係性を強めていくのか。
暗殺された組長の見た夢の答えの方向性を示すのだろう。
推測を楽しめる人の星五つ。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2021年01月27日

ここまでレビューを書く間もないくらい、圧倒的に引き込まれる緊張感の展開だったんだけどさ。

社長を守るための面接で

改めて聞くと
なんて悲惨な設定の
俺なんだ・・・

に吹いた。

このギャップがすごい好き。

このレビューは参考になりましたか?
購入済み

(匿名) 2020年09月02日

ミサキちゃんがついに佐藤のファブルとして戦う姿を目撃するという最高に滾る19巻!
ここまで長かった…

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年12月10日

「プロか──確かに──……」
「そう言われちゃそうだな〜〜〜……」

プロというキーワードに弱い男たち(笑)
殺し屋アザミの就職活動が楽しすぎる(笑)
「まずはフルネームから決めよう」って真面目に準備しだすのがどうにも笑えてしかたなかった…。

連載も終わってしまったけど、いい終わり方だったと思うな...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?