森奈津子のレビュー一覧

  • 耽美なわしら1
    まじめでへたれ気味の年下ゲイが自由奔放で能天気な美形のノーセクの男を好きになりぐるぐる悩む話が基盤ですが、この二人以外にもレズの漫画家の気の強い美人女性とバイの漫画家のこれまた美人な男性とそのアシスタントの女性が出てきます。

    文章も読みやすいし、なにより同性愛に関してちょっと考えちゃいます。
    この...続きを読む
  • お嬢さまとお呼び!
    何年前になるのだろうか…(遠い目)私が小学生時代に密かに大好きだったシリーズ。
    今でもこっそり続編ないのかな…とかも思っていたりもしました。(笑)
    レモン文庫なんて響きすら懐かしい。レモン文庫は読みやすくて楽しい本が多かった。
    まさか、10年以上の時を経て、ハードになるとは思わなかった。(苦笑)

    ...続きを読む
  • お嬢さまボロもうけ
    読んでいた頃は小学生だったから、ボロ儲けについては『なるほどな、これは儲かるかも…』
    とか単純に思って感心していたりもしましたが、大人になって読んでもなるほどな、と
    納得出来る部分が実に多いことに気が付いた。(笑)違う意味でも(?)楽しめます。
    キャラクターも個性豊かで名前も個性ありあり。(笑)本当...続きを読む
  • お嬢さまと青バラの君
    美少年の対決が素晴らしかった。(笑)アクタガワが不憫に見えたりもしたけれども…(苦笑)
    お杉君の切ない愛情もいつもながらですが、見どころなのかもしれません。
    主人公の麗花様の陰が薄くなってしまうのではないのだろうかと心配です。(笑)
    一番まともなのは実は麗花なのでは…?とか思った事は内緒。色褪せない...続きを読む
  • 西城秀樹のおかげです

    ジャケとタイトルと置いてあったコーナーだけ見て、
    ミステリかなと思って買ってきて、
    何気なく読み始めたら、

    1P目「あれ、なんか思ってたのと違う」
    2P目「ちょwww」
    3P目「ちょwwwww」

    ってぐいぐい引き込まれました。

    あ、この作者さんの著書を読むのは初めてです。

    ...続きを読む
  • お嬢さま大戦
    遠い昔、私が小学生の頃。
    本気で嵌っていたシリーズ。
    文句無く、面白いと今でも言えます。
    なにせ、大人になった今読み返しても実感したから。

    懐かしくて、全巻大人買い。
    でも、本気で満足。
    大好きです。
  • お嬢さまと青バラの君
    遠い昔、私が小学生の頃。
    本気で嵌っていたシリーズ。
    文句無く、面白いと今でも言えます。
    なにせ、大人になった今読み返しても実感したから。

    懐かしくて、全巻大人買い。
    でも、本気で満足。
    大好きです。
  • お嬢さまボロもうけ
    遠い昔、私が小学生の頃。
    本気で嵌っていたシリーズ。
    文句無く、面白いと今でも言えます。
    なにせ、大人になった今読み返しても実感したから。

    懐かしくて、全巻大人買い。
    でも、本気で満足。
    大好きです。
  • お嬢さまとお呼び!
    遠い昔、私が小学生の頃。
    本気で嵌っていたシリーズ。
    文句無く、面白いと今でも言えます。
    なにせ、大人になった今読み返しても実感したから。

    懐かしくて、全巻大人買い。
    でも、本気で満足。
    大好きです。
  • 耽美なわしら2
    ゲイの主人公が美形の男性に恋をしたけれど、彼はバイセクシャルな先輩の友人で……というギャグ小説。
    突き放したような展開が面白い。
    性描写がないのでお子様でも安心。

    いつの間に新装版が出たんだろう。2ってことは続きがあるのか。楽しみで目が離せない。
  • 耽美なわしら1
    お、おもしろすぎる…!見た目は超兄貴なのに耽美的志向の持ち主である小説家・俊彦、俊彦の想い人で少女小説家のノンセクシャル美青年・千里、バイセクの漫画家・志木、レズビアンのギャグマンガ家・田中サイコ。こうして主な登場人物を書き出すだけでも充分にすごさが伝わるってもんだ。森奈津子先生曰く「少女小説という...続きを読む
  • からくりアンモラル
    耽美なわしらのノリとはまた違う新たな森先生の発見(これの前にも1冊読んではいるけれど)。ピンクなにおいがムンムンする作品ばかりだけれど、そんじょそこらのおピンク小説じゃない。涙が出てしまう作品もあって、胸がキュンキュンします。こんな気持ちをずっと持っていられたらと思います。
  • 西城秀樹のおかげです
    この人くらいのギャグセンスが欲しい。セクシャリティ溢れる短編が満載です。切れ味の良い下ネタが身体に染みますよ。
  • 西城秀樹のおかげです
    お慕いしてます奈津子さまー!なんて素晴らしい百合アホエロSF短編集!突き抜けまくって輝いている。いいなぁ性獣のようにまぐわいたいと願うヒロイン。あら、私ってば乙女としてはあるまじき感想を…!しかも性獣などという専門用語まで使って…!
  • からくりアンモラル
    性愛SFというだけあってかなり直接的な性的表現が出てくるので苦手な人はいるかもしれないが、好きな人には深く刺さるであろう、独特な雰囲気を持った短編集だった。

    「からくりアンモラル」☆☆☆
    思春期を迎えた少女が自分を性的な目で見られることに嫌悪感を覚えるというのは物語でよく見る描写だが、そこからロボ...続きを読む
  • お嬢さまと青バラの君
    「お嬢さまとバラの君」
    P34 「さっきマンションへ入った6人」 佐伯は外まで出てきた?
    P85 杏里が本当に心臓病なら、薬は携帯しているはず。と思ったら……
    P113 「ベニスに死す」
    「お嬢さまの学園天国」
    P162 紙で編集という時代性
    P201 4歳児にして虫めがねで人を焼くという狂気
    P2...続きを読む
  • お嬢さまボロもうけ
    「お嬢さまのお気に入り」
    P12 フナって食用だったのね
    「お嬢さまボロもうけ」
    時代劇モチーフ。百貨店の方がスーパーより格上だと思っていたので、麗花はゆかりを敵視するかと思いました。
    P177 3人に1人を入会だと、33%以上という高割合。これをネットかつ校外に拡張したのが「フェイスブック」
    P1...続きを読む
  • お嬢さまとお呼び!
    ・「お嬢さまとお呼び!」
    麗花さまなら、「お呼びっ!」な気もしますが。家来の佐伯を従えて、ちょっとアレな言葉づかいの麗花を受け入れさせる導入はすごいものが。また、悪役を目標とするのも斬新というか。
    P119 佐伯が犯人という驚愕の事実
    P130 麗花は改心?と思ったのですが、この先を読むとそうでもな...続きを読む
  • 主役コンプレックス
    悪役、脇役に続き主役がテーマ。お伽噺・昔話のリメイクって楽しい。白雪姫だって嫉妬するし、浦島太郎は竜宮城に戻りたいだろう。金の斧銀の斧は余計なサービスしすぎ。
  • 脇役ロマンス
    どの物語も趣向が凝らしてあり面白かったです。
    竹取ではおじいちゃーん!と心の中で叫び通し。
    ロミジュリでは、ロザラインって何処にいたっけ?と原作捲ってベンヴォーリオとの会話シーンに会話の中にのみ出てくる令嬢と確認。青年が誰を待っているのかはすぐにピンときてしまったけど、良い締めでした。
    羅生門。羅生...続きを読む