西城秀樹のおかげです

西城秀樹のおかげです

作者名 :
通常価格 649円 (590円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

「ありがとう、秀樹! お姉様とわたくしは、あなたのことを決して忘れませんわ」――謎のウイルスにより人類が死滅した世界で、ひとりの百合少女の野望を謳いあげる表題作、前代未聞のファーストコンタクト「地球娘による地球外クッキング」ほか、悩める人類に大いなる福音を授ける、愛と笑いとエロスの全八篇

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
SF・ファンタジー / SF(国内)
出版社
早川書房
掲載誌・レーベル
ハヤカワ文庫JA
ページ数
352ページ
電子版発売日
2017年10月31日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

西城秀樹のおかげです のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2013年03月08日

    森さんの小説はどれも楽しくて最高です!(∩.∩)
    この本は面白すぎてにやけながら読んでいました。
    森さんの発想がとってもユニークで勉強に
    なりました。o(^-^)o

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日


    ジャケとタイトルと置いてあったコーナーだけ見て、
    ミステリかなと思って買ってきて、
    何気なく読み始めたら、

    1P目「あれ、なんか思ってたのと違う」
    2P目「ちょwww」
    3P目「ちょwwwww」

    ってぐいぐい引き込まれました。

    あ、この作者さんの著書を読むのは初めてです。

    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    この人くらいのギャグセンスが欲しい。セクシャリティ溢れる短編が満載です。切れ味の良い下ネタが身体に染みますよ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月07日

    お慕いしてます奈津子さまー!なんて素晴らしい百合アホエロSF短編集!突き抜けまくって輝いている。いいなぁ性獣のようにまぐわいたいと願うヒロイン。あら、私ってば乙女としてはあるまじき感想を…!しかも性獣などという専門用語まで使って…!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年11月22日

    相変わらず、森奈津子さんの小説はぶっ飛んでいる!
    バナナワニ園のバナナにするか? ワニにするか? の選択肢の結末に笑った。
    百合百合してます。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年01月29日

    爆笑。抱腹絶倒。腹筋攣りそう。以上。
    だってねえ、このタイトルからして「いったい何やねん!」てな感じでしょう。内容もそれに負けず劣らず、とにかく凄いぞ。もう多くは語りません。このタイトルで気になった人はひとまず読んでみよう。偉大なりや西城秀樹……じゃなくて森奈津子(笑)。
    他も凄いよなあ……でも個人...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    何故買ったのか記憶がないのですが、全体的にはまあまあでした。少し濃いので食傷気味な感じ?
    表題作、蚊のやつ、エロチカ79は面白かった。エロチカのアホさが大好きです。


    あ、テーブル物語目当てで買ったんでした。THのレビューで気になって。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    多分人を選ぶ。そして私は選ばれた方らしく、猛烈におもろかったっす…。

    不条理。かつナンセンス。かつエロ。かつバカ。腰が砕けそうな表題作始め、面白いSF発想も凝った構成も、全てバカ方面に大放出するこの潔さ。最先端テクノロジー集結さして作った大人のおもちゃです。その情熱の傾け方に乾杯! のちグラスを床...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月07日

    バカSFを集めた笑いとエロスの詰まったすばらしい短編集です。下ネタだらけなのですが、ドロドロとしたいやらしさがないため女の子同士がこっそりエッチな話をしているような感覚でさくさく読み進むことができます。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    ヒデキといえばいわずと知れたビッグスター。が、この作品には出てこない。森作品を全部読んだわけではないが、多分これは森奈津子の代表作で名短編集だ!愛とエロスと笑いに包まれた、小気味良いテンポ。口に出せないけど声に出して読みたい日本語、と名づけてみた。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています