お嬢さまと青バラの君
  • 値引き

お嬢さまと青バラの君

作者名 :
値引き価格 792円 (720円+税) 10月1日まで
通常価格 2,640円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

表題作『お嬢さまと青バラの君』ではかぐわしい少年愛、『お嬢さまの学園天国』では教師たちの愛憎劇、そして書き下ろし『杉本の煩悶の日々』では愛と勉学に苦悩するおすぎの姿がたのしめちゃう……!? 危険な愛(笑)の詰まった、ファン待望の復刊第三弾!

カテゴリ
ライトノベル
ジャンル
女性向けライトノベル / ビーズログ文庫
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
ビーズログ文庫
電子版発売日
2015年03月16日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
3MB

関連タグ:

お嬢さまと青バラの君 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2009年12月20日

    美少年の対決が素晴らしかった。(笑)アクタガワが不憫に見えたりもしたけれども…(苦笑)
    お杉君の切ない愛情もいつもながらですが、見どころなのかもしれません。
    主人公の麗花様の陰が薄くなってしまうのではないのだろうかと心配です。(笑)
    一番まともなのは実は麗花なのでは…?とか思った事は内緒。色褪せない...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    遠い昔、私が小学生の頃。
    本気で嵌っていたシリーズ。
    文句無く、面白いと今でも言えます。
    なにせ、大人になった今読み返しても実感したから。

    懐かしくて、全巻大人買い。
    でも、本気で満足。
    大好きです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年08月02日

    久しぶりにお嬢さまシリーズ。

    佐伯のマンションの近くに住む、耽美的世界観を自ら演出する美少年・杏里に目を付けられた、主に工藤君の受難を描く、「お嬢さまと青バラの君」と、
    アクタガワの書いた小説の文集掲載を巡って、育夫先生と貢先生が火花を散らす、「お嬢さまと学園天国」の二本立てに、
    お杉君主役...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2019年04月12日

    「お嬢さまとバラの君」
    P34 「さっきマンションへ入った6人」 佐伯は外まで出てきた?
    P85 杏里が本当に心臓病なら、薬は携帯しているはず。と思ったら……
    P113 「ベニスに死す」
    「お嬢さまの学園天国」
    P162 紙で編集という時代性
    P201 4歳児にして虫めがねで人を焼くという狂気
    P2...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています