森奈津子のレビュー一覧

  • 西城秀樹のおかげです
    何故買ったのか記憶がないのですが、全体的にはまあまあでした。少し濃いので食傷気味な感じ?
    表題作、蚊のやつ、エロチカ79は面白かった。エロチカのアホさが大好きです。


    あ、テーブル物語目当てで買ったんでした。THのレビューで気になって。
  • 姫百合たちの放課後
    百合物コメディ小説。
    カバーデザインの可愛さとは裏腹に
    内容はなかなか濃かったです。
    初めて読む百合物でしたが
    発想の面白さもあり楽しく読めました。
  • 耽美なわしら1
    兄貴体型ながら、キムナジウムにいるような繊細な美少年にあこがれる主人公俊彦を始め、登場人物はセクショナル・マイノリティ…ホモやレズビアンといった少数派の人々なのですが、そのことに悩みはせず、自分に正直なところが潔いです。
    掲載誌が少女小説誌だったためか、題材のわりに爽やかは話で、コメディとして楽しめ...続きを読む
  • 耽美なわしら2
    耽美ゾンビにトーマの腎臓に鳥肌ゲーム!耽美面白い(新しい形容詞が生まれました)小ネタの数々がたまらんです。「お嬢さま」シリーズもハヤカワで復刊されますように。なむなむ。
  • 姫百合たちの放課後
    予想外にえろかったw表紙の可愛さを裏切る(悪い意味でなく)中身の濃さ。
    純粋な面白さで言えば飛行機の話が面白かったですww
  • 姫百合たちの放課後
    百合短編集。

    森奈津子の描く百合娘たちはパワフルでよろしい。
    同性愛コメディを描かせると本当に輝く作家だなあ。
  • お嬢さまとお呼び!
    ついに復刊!!!
    私がオタクになったのはこの本のせいです…
    イラストが飯坂じゃないので☆4つで。
    やっぱり飯坂じゃないと…
  • 西城秀樹のおかげです
    多分人を選ぶ。そして私は選ばれた方らしく、猛烈におもろかったっす…。

    不条理。かつナンセンス。かつエロ。かつバカ。腰が砕けそうな表題作始め、面白いSF発想も凝った構成も、全てバカ方面に大放出するこの潔さ。最先端テクノロジー集結さして作った大人のおもちゃです。その情熱の傾け方に乾杯! のちグラスを床...続きを読む
  • からくりアンモラル
    森奈津子はおすすめ!と聞いていたので読んでみた。良い。何が良いと感じるのか考えてみて、解説を読んで腑に落ちた。女が女である事を感じた本。
  • からくりアンモラル
    森奈津子、最新文庫本と言う事でウキウキと購入。「西城秀樹のおかげです」のノリを期待したら見事に裏切られた。いい意味で。静謐な文章、そしてやっぱり卑猥。SF官能小説とでも言うのでしょうかね?うかつにも涙しました。表題作の「からくりアンモラル」で。これは女性にしか分からない。初潮が訪れた時の気持ち。心の...続きを読む
  • 西城秀樹のおかげです
    バカSFを集めた笑いとエロスの詰まったすばらしい短編集です。下ネタだらけなのですが、ドロドロとしたいやらしさがないため女の子同士がこっそりエッチな話をしているような感覚でさくさく読み進むことができます。
  • 西城秀樹のおかげです
    ヒデキといえばいわずと知れたビッグスター。が、この作品には出てこない。森作品を全部読んだわけではないが、多分これは森奈津子の代表作で名短編集だ!愛とエロスと笑いに包まれた、小気味良いテンポ。口に出せないけど声に出して読みたい日本語、と名づけてみた。
  • 西城秀樹のおかげです
    この作者・森奈津子を、密かに心の師としている。小・中時代に、ある意味影響を受けた。これは、そんな彼女の短編集。最近レイザー・ラモンが歌うべくして歌った「YOUNG MAN」。人類滅亡の日にも生き残れたのは、西城秀樹のおかげなんです。
  • 西城秀樹のおかげです
    ナンセンス変態コメディ短編集。
    表題作は、ナンセンスなのだが、実は深く読もうと思えばできる?
    おすすめは「哀愁の女主人、情熱の女奴隷。」
  • 背徳の館~おとめの純潔飼育 1

    サクッと読める

    昔、試し読みで気になっていたのを見つけてポチッと。小説だけどイラストが多めで両方楽しめる。主人公がどんな風に開発されていくのか。
  • 背徳の館~おとめの純潔飼育 2

    ノーマルってなんだろう

    股縄放置プレイにスパンキングにどんどん主人公が開発されていく。このままやられ放題から裏で反逆を企てていく。
  • 背徳の館~おとめの純潔飼育 4

    一夏で女は変わる

    ついに立場逆転。主人公も強く成長したなと。登場人物が一癖も二癖もあったので割と楽しめた。めでたしめでたし。
  • 背徳の館~おとめの純潔飼育 3

    もうあの頃には戻れない

    ついに処女喪失で計画をつぶした主人公。そのことがバレてあれやこれやの展開。ここでBLぶっこんでくるか。
  • 西城秀樹のおかげです
    短編集。SFエロコメディ。
    登場人物の性癖が酷すぎて、逆に面白い。
    ファーストコンタクトSFの異色作「地球娘による地球外クッキング」がベスト。
    表題作も、コミカルな終末SFとして楽しめた。
  • 悪役リメンバー
    名作の二次創作。ハーメルンの笛吹男、走れメロスはわかるけど、都市伝説や昔話や落語まで。都市伝説の「人面犬」は面白かった。