姫百合たちの放課後

姫百合たちの放課後

作者名 :
通常価格 671円 (610円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

「静香お姉様! わたくしがあなたを守ってさしあげます!」──美しき先輩の純潔を守るため、一計を案じた女子高生・純子の奮闘を描く表題作、オリンピック正式種目“自慰道”に懸ける青春「花と指」、地球外生命の侵攻から人類を救うレズビアニズムの奇跡「2001年宇宙の足袋」など“百合コメディ”全九篇を収録する作品集!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
SF・ファンタジー / SF(国内)
出版社
早川書房
掲載誌・レーベル
ハヤカワ文庫JA
ページ数
304ページ
電子版発売日
2017年10月31日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

姫百合たちの放課後 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2016年06月01日

    レズ小説エロくていいですねー。
    官能小説として使えそうな表現が結構ある。
    面白いしエロいいい短編集だった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年11月07日

    ワンパターンな展開とナンセンス。2人プレイ、衆人環視なのに、これを自慰行為と言い切る貫徹力は敬意すら感じます。異性愛者と呼称するのは、同性愛者とは対等ということなのでしょう。また、同性愛に否定的な人物に敵意をむき出しにするのも特徴かと。無理矢理系(レイプ)ばかりで、相思相愛なのは無かったような。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年10月06日

    世界は百合によって宇宙人の侵略から救われた、という事実に笑った。
    なんて、アホな救われ方なんだ……。
    行為がワンパターンな事が減点かな。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年06月18日

    爆笑した!特に姫百合たちの放課後、姫百合日記、花と指、お姉様は飛行機恐怖症この三編がすごく笑いを誘ったわ。なかなか面白い読み物です、しかし、その中に単なるSMや官能を徹するために作り出した物語もあるような感じが、すこしイヤですわ。が、時々、その中に社会や百合、エスに対する作者の鋭い見解がよくあるから...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年06月01日

    タイトルどおりの百合モノ。古屋信子然とした麗しき女学生的世界観…な訳は無く、何て言うか、凄く…官能小説です…。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    百合物コメディ小説。
    カバーデザインの可愛さとは裏腹に
    内容はなかなか濃かったです。
    初めて読む百合物でしたが
    発想の面白さもあり楽しく読めました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    予想外にえろかったw表紙の可愛さを裏切る(悪い意味でなく)中身の濃さ。
    純粋な面白さで言えば飛行機の話が面白かったですww

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月07日

    百合短編集。

    森奈津子の描く百合娘たちはパワフルでよろしい。
    同性愛コメディを描かせると本当に輝く作家だなあ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年10月15日

    アホでエロなレズビアン小説集。再読。
    基本アホ。一皮むいてもアホ。
    でもマイノリティの気持ちがぎっしり。

    大人目線でわかった風に「誰でも通る道よ」なんてあっさり片付けてしまうひどさは、している側にはなかなかわからない。
    ちょっと違うけど、思春期の娘と父親の関係に似ているなと思った。
    思春期だけの反...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年01月30日

    表紙の絵と百合という文字に釣られて購入してしまいました。
    短編集です。
    性描写は森先生の妄想がこれでもかと盛り込まれています。
    作者の熱意を感じます。
    そして、それと同じ位に不可解かつシュールなギャグもテンコ盛りです。
    可愛い表紙と百合という文字に騙された感じが否めないですが、面白くはありました。
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています