関数解析

関数解析

作者名 :
通常価格 1,265円 (1,150円+税)
紙の本 [参考] 1,430円 (税込)
獲得ポイント

6pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

※こちらの作品はファイルサイズが大きいため、Wi-Fi環境でのダウンロードを推奨いたします

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

関数解析学は微分方程式や積分方程式などの問題を解くための方法として、20世紀初頭に誕生した分野である。現代では偏微分方程式のほか、数理経済学や数値解析など幅広い方面に応用範囲をもつ。本書はバナッハ空間の解説から始まり、一様有界性定理・開写像定理・閉グラフ定理などの基本定理を証明。そして話題はボッホナー積分や線形作用素の半群にまで及ぶ。証明の式変形は非常に丁寧で、論理展開を追いやすいように書かれている。関数解析の基礎を過不足なくおさえた名教科書。

ジャンル
出版社
筑摩書房
掲載誌・レーベル
ちくま学芸文庫
電子版発売日
2019年06月07日
紙の本の発売
2018年11月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
196MB

関数解析 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年02月14日

    導入から終始、淡々としている。

    個人的には伊藤のルベーグ積分をやっていたので、つまずかずに済んだ(伊藤の本で出てくる定理が普通に適用されている)。

    新井氏の解説を読むと、このような簡潔な叙述は宮寺の講義そのものだったという。なるほど。

    とんとん進んでいく。余計な寄り道はほとんどない。そして、か...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています