黄色い実 紅雲町珈琲屋こよみ
  • 最新刊

黄色い実 紅雲町珈琲屋こよみ

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

累計65万部、大人気の紅雲町珈琲屋こよみシリーズ第7弾。

お草さんが営むコーヒー豆と和食器の店「小蔵屋」で片腕として働いている頼れる店員・久実。
なぜか男っ気のない久実にもついに春が……!?
浮き立つ店に、元アイドルの女性が店の敷地内で暴行を受けたという
衝撃のニュースが飛び込んでくる。
容疑者は地元名士の息子。
久実の様子がおかしいことに気づいたお草。
そして、暴行現場で拾った「あるもの」がお草と久実を悩ませることになる。

「私、いつから加害者になったんだろう」
──心に小さな勇気の火を灯す人気シリーズ第7弾。

※この電子書籍は2019年6月に文藝春秋より刊行された単行本の文庫版を底本としています。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ミステリー
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
ページ数
240ページ
電子版発売日
2020年09月02日
紙の本の発売
2020年09月
サイズ(目安)
3MB

黄色い実 紅雲町珈琲屋こよみ のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2021年01月01日

    今回も可愛らしい表紙と裏腹に重苦しい内容でした。お草さんのお店、おしゃれで素敵ですが、片田舎の小さな町でやっていけてるのが不思議。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月16日

    第一章 小春日和 第二章 颪の夜 第三章 宿り木
    第四章 帽子と嵐 第五章 黄色い実

    元女性アイドルへの性的暴行事件。被害届にも勇気がいる、襲われた女性は犯人からと世間からの二重苦に晒されてしまう。ただ ただ 犯人が悪いのに、女性にもあんなことやこんなこと...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年08月07日

    コーヒー豆と和雑貨の店「小倉屋」のお草さんシリーズ。
    今回は店を手伝う久実ちゃんの身辺があれこれと大変な事に・・・
    お草さんもあれこれと思い悩みます。
    女性であることを、考えさせられる。
    そして、年をとりながら暮らすことも。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2020年10月01日

    読みながら実際に起こった事件に思いを馳せていたが、やはりそうだったか。
    性犯罪の被害者は、事が明るみになった後、世間からセカンドレイプを受ける。理不尽だし、間違っていると思うが、無くならない。
    声を上げた被害者が世間から受けた仕打ちを身近で見ていたからこそ、思い悩む久美に「問題を間違えないでちょうだ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2020年09月04日

    この巻は切ないかったですね。
    良かれと思ってやったことが悪い方向へ向かうこともあるし、許されない犯罪を犯した容疑者よりも被害を受けた人間の方が犯罪者のように扱われる事実。

    草さんも久美ちゃんも気持ちが分かったいるだけに辛い。
    そして最後のページに付記された文言が今の日本という国を表しているようで哀...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2020年11月25日

    古民家でコーヒー豆と和雑貨の店「小倉屋」
    お草さんは65歳にして今の店を思いつき開業
    した、持ち合わせたのは少しの資金と日々の
    馴染み客との日常を丁寧に描くシリーズ

    観察眼があるからか少しの思いつきが小さい
    商いであるが商売に繋がり、日常のミステリ
    に気が付く・・・積極的な解決を望まない彼
    女であ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

紅雲町珈琲屋こよみ のシリーズ作品 1~7巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~7件目 / 7件
  • 萩を揺らす雨 紅雲町珈琲屋こよみ
    北関東の紅雲町(こううんちょう)で、コーヒー豆と和食器の店を営む大正生まれのお草(そう)さん。彼女は、常連たちとの会話から街で起こっている小さな事件に気付き、ひとり捜索に精を出す。ある日、とあるマンションの一室で虐待が行われていると気づいたお草さん。ひとり捜索まがいのことを始めるが…。悩む人たちの心に彼女の言葉は届くのか? 行動するお婆ちゃん探偵・お草さんを主人公に「老い」と...
  • その日まで 紅雲町珈琲屋こよみ
    コーヒー豆と和食器の店「小蔵屋」の近くに、ライバル店「つづら」が開店した。つづらは元和菓子屋だったが、近隣では経営難のオーナーから詐欺まがいの手口で土地家屋を買い叩く業者グループがいるという噂がある。小蔵屋を営む気丈なおばあちゃん・杉浦草(そう)は、背景を調べ始めるが……。人気シリーズ第2弾。
  • 名もなき花の 紅雲町珈琲屋こよみ
    「お草さんシリーズ」最新刊! 小蔵屋を営むお草は、新聞記者の萩尾の取材を手伝って以来、萩尾と、彼のライフワークである民俗学の師匠・勅使河原、その娘のミナホのことが気にかかっている。15年前のある<事件>をキッカケに、3人の関係はぎくしゃくしているらしいのだ。止まってしまった彼らの時計の針を、お草は動かすことができるのか。好評シリーズの第3弾。
  • 糸切り 紅雲町珈琲屋こよみ
    シリーズ累計48万部突破! 気丈なおばあさん・お草が活躍する人気シリーズ第4弾! 紅雲町のはずれにある小さな商店街、通称「ヤナギ」が大家の発案で改装されることになった。 手掛けるのは新進気鋭の女性建築家だという。 長年の客で、数日前に店の前で車に轢かれそうになったお草も改装話を見守っていたが、関係者それぞれの「秘密」と思惑が絡んで計画は空中分解寸前に――。 【目次】 第一話 牡丹餅 ...
  • まひるまの星 紅雲町珈琲屋こよみ
    北関東の小さな町で、コーヒー豆と和食器を扱う店「小蔵屋」を営むおばあさん、杉浦草。 亡くなった母とうなぎ屋の女将との確執の謎。そこには思いがけない秘密が隠されていた。 人生経験と、丁寧に紡いできた人間関係を通して、街で起こる事件のあれこれを解決に導いてきた小蔵屋の草だが、ある日、町の山車蔵の移転問題がもちあがり、小蔵屋の敷地が第一候補に。 町内の話し合いが必要だが、草は亡き母...
  • 花ひいらぎの街角 紅雲町珈琲屋こよみ
    北関東の小さな町で、珈琲豆と和食器の店「小蔵屋」を営む、お草さん。 彼女の日常にふと顔をのぞかせる闇が読者をグイグイ引き込む大人気シリーズ第6弾。 秋のある日、草に旧友の初之輔から小包が届く。中身は彼の書いた短い小説に、絵を添えたものだった。 これをきっかけに、初之輔と再会した草は、彼の苦しかった人生を元気づけるために、彼の短編を活版印刷による小本に仕立て贈ることにした。 この...
  • 黄色い実 紅雲町珈琲屋こよみ
    累計65万部、大人気の紅雲町珈琲屋こよみシリーズ第7弾。 お草さんが営むコーヒー豆と和食器の店「小蔵屋」で片腕として働いている頼れる店員・久実。 なぜか男っ気のない久実にもついに春が……!? 浮き立つ店に、元アイドルの女性が店の敷地内で暴行を受けたという 衝撃のニュースが飛び込んでくる。 容疑者は地元名士の息子。 久実の様子がおかしいことに気づいたお草。 そして、暴行現場で拾った「あるも...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

紅雲町珈琲屋こよみ に関連する特集・キャンペーン