リペア RE*PAIR

リペア RE*PAIR

作者名 :
通常価格 792円 (720円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

川の向こうには、私がするはずだった生活がある――。父が遺したアトリエ兼自宅でリペア職人として生計を立てている透子。大きく狂い、止まっていた歯車が、婚約者だった男との再会によって動き出した。目を背けてきた過去と向き合う時、浮かび上がるのは「あの女」……一人で生きる女の強さと弱さ、覚悟と不安。彼女からすべてを奪った十年前の事件の真相を、アトリエに持ち込まれる品々にひそむ人間ドラマとともに描きだす。「紅雲町珈琲屋こよみ」の吉永南央によるミステリアス・ストーリー。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ミステリー
出版社
中央公論新社
掲載誌・レーベル
中公文庫
ページ数
331ページ
電子版発売日
2015年12月01日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

リペア RE*PAIR のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2015年11月23日

    革製品のリペア(修理)で生計を立てている透子。持ち込まれる品物に隠れた生活を見つめながら、10年前の破談から現在に繋がる謎を解き明かして行く。逃げることの出来ない不器用さで解いていく。読みながら、そこまで自分を追い込まなくてもと思ってしまう。ゆったりとした心で微笑むことが出来る日が早く来ますように。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年10月10日

    三十三歳で長身の透子が革製品の修理をして暮らす、父が遺したアトリエの真ん前の対岸に、元婚約者の敬史が妻子を連れて越してくる。生々しさもどこかドライで、透子とお客の仕事模様や敬史の小二の息子の微笑ましい聡明さを楽しんだけれど、透子の母親の事件が絡んで来るサスペンス的な後半は特に上手く入り込めなかった。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2016年07月28日

    もっと何事も起こらない淡々とした話かと思いきや!起こりまくりだった。。。
    革製品のリペア、に関してはあれこれ起こる現実との対比のように静かで、確かな空気がよかった。その静かさ、が透子を支え、救っていたんだよね。結構人間の欲望の生々しさが描かれているけれど、落ち着いて読めました。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

中公文庫 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング