未明の家 建築探偵桜井京介の事件簿

未明の家 建築探偵桜井京介の事件簿

作者名 :
通常価格 648円 (税込)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

京介を訪ねた古風な美少女の依頼は“閉ざされたパティオ”を持つ別荘の鑑定と主である祖父の死の謎を解くことだった。少女の一族を巻き込む不可解な事故死、そして自殺未遂。事件はすべて別荘をめぐって起きた。ミステリアスな建築造形に秘められた真実を、京介が追う!

ジャンル
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社文庫
ページ数
480ページ
電子版発売日
2011年07月08日
コンテンツ形式
EPUB

「未明の家 建築探偵桜井京介の事件簿」のユーザーレビュー

購入済み

建築探偵

PO4 2013年10月09日

建築探偵シリーズの次作以降も電子化して欲しいです。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年03月05日

建築探偵桜井京介シリーズの1作目です。
以前からこのシリーズの存在は知っていたのですが、
建築探偵というタイトルから何となく敬遠してました。
でも予想に反して専門用語による長々としたウンチクも無く、
楽しく読むことができました。

タイトルから予想されるとおり、
事件の中心は「黎明荘」といういわく付...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2008年03月26日

建築探偵シリーズ1冊目。前に発売中の最新刊まで読み切ってからまた読んでいるわけだが、後期のものとはやはり少し雰囲気が違う。これが最初だったのだなと、なにやら懐かしい。シリーズならではの布石を見つけるのも面白い。所々に出てくる建築の知識も、当初に比べれば増えてきているので余計に楽しめる。結末を知ってい...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2007年06月12日

 何せうぞ くすんで 一期は夢よ ただ狂へ
 
 建築探偵シリーズ第一作。どんなシリーズ物でもそうだけど、第一作というのは独特の勢いがある。登場人物もゼロから構築されて動きたがってる感じが伝わってくるし。
 建築ミステリーという不思議な世界観が、この後の伏線になる京介の過去や、本名の出てこない蒼の存...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年06月18日

桜井京介シリーズ第一弾。
面白いミステリーはないかなぁと探していた所に出会った作品。
ミステリーよりも登場人物の過去が知りたくて読み進めていた。
蒼がかわいいなぁ。
これからどんどん成長して行くけど、この時の掛け合いが楽しくていいなぁ。

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「建築探偵桜井京介の事件簿」に関連する特集・キャンペーン

漫画やラノベ 1冊まるごと無料!

今日読めるのは13,482

1冊まるごと無料で読める作品を常時配信中!人気作品が毎週追加!