「門倉貴史」おすすめ作品一覧

「門倉貴史」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:門倉貴史(カドクラタカシ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1971年
  • 出身地:日本 / 神奈川県
  • 職業:評論家

慶應義塾大学経済学部卒。著書に『世界の[下半身]経済のカラクリ』、『ワーキングプア いくら働いても報われない時代が来る』などがある。

無料・値引き作品コーナー

作品一覧

2018/04/05更新

ユーザーレビュー

  • 本当は嘘つきな統計数字
     自分自身がニュースの中でも、特に数字に過敏になったのは、○○シーベルトや△△ベクレルが頻出した、原発事故の頃からか。報道でも仕事でも、根拠となる数字が示されると、それを元に一見合理的な判断が出来たような気になる。
     ところが本書では、判断基準として、分かったつもりになっている数字の根拠が、想像以上...続きを読む
  • 貧困ビジネス
    本書は、所得格差の拡大により増加の一途をたどる低所得層をターゲットにした「貧困ビジネス」の問題を指摘し、その打開のための方策を提示している。

    貧困層を取り巻く環境は、90年代後半から2000年代前半の「就職氷河期」以降悪かったわけだが、2008年9月に起きたリーマン・ショックをきっかけにして、より...続きを読む
  • 日本人が知らない「怖いビジネス」
    何かと話題の裏ビジネスの勉強のために読んだ一冊。

    著者は『ホンマでっか!?TV』でお馴染みのエコノミスト・門倉さん。内容は一言で言うと「ホンマでっか!?」どころか「…マジかよ…」という感想でした。とにかくエグい方法で金を取るものや、倫理観の崩壊した(ように、俺には見える)ものなど多岐に渡るビジネス...続きを読む
  • 人にいえない仕事はなぜ儲かるのか?
    本のタイトルだけみると、アンダーグラウンドの世界の話ばかりかと思ってしまうが、れっきとした経済の本である。

    まず、日本の税制について説明し、なぜいわゆる高額所得者は会社を作りたがるのか?を説明している。次に、所得がほぼすべて把握されているサラリーマンにたいして副業のすすめをしている。しかしながら、...続きを読む
  • 必ず誰かに話したくなる経済学
    テストステロン エストロゲン プロゲステロン...男と女のホルモン
    ミラーリング効果...好きなら真似しろ!
    ピーク・エンドの法則...合コン必勝法!
    ジャネの法則...年取ると1年が早く感じる
    プラシーボ効果...薬じゃなくても言われたらその気になる
    アビリーンのパラドックス...アビリ...続きを読む