「井口耕二」おすすめ作品一覧

「井口耕二」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

無料・値引き作品コーナー

作品一覧

2017/06/23更新

ユーザーレビュー

  • スティーブ・ジョブズ II
    41章にも渡るスティーブ・ジョブズのお話でした。スティーブ・ジョブズ本人、その家族、アップル社の重役、ビル•ゲイツ等が語り、話に厚みがあってとても面白かった。2巻目は、アップル社への復帰からiPod、iTunes、iPhone、iPadと自分もよく知る製品の開発秘話等も興味深かった。スティーブ・ジョ...続きを読む
  • スティーブ・ジョブズ I
    スティーブ・ジョブズの伝記と言える本。アップルを設立して大きくしたが、そのアップルを追放されてしまう。そのつぎになってNext設立とピクサー買収と続き、トイストーリーヒットと続く。その間に妻との出会いや様々な人間模様が描かれており、スティーブ・ジョブズを良くも悪くも知ることができた。トイストーリーヒ...続きを読む
  • スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン―人々を惹きつける18の法則
    毎日、大なり小なりではあるが、プレゼンの日々。効果的なプレゼンを行うには、仕事に対する情熱、しっかりとした準備、シンプルさ、反復練習が必要だと実感し、勉強になった。読み物としても面白かったので、必要な時に読み返していきたい。
  • スティーブ・ジョブズ II
    ジョブズがAppleを追われた後、再び「復活」して勇退するまでの歴史。自分がMacを知ったのは1988年頃だった。GUIで扱えるPCという考え方に惹かれたが、安月給の身では手が届かず、ずっとMac専門誌を読む日々が続いていた。転機はソフトもバンドルされたPerformaの登場だった。これなら無理をし...続きを読む
  • スティーブ・ジョブズ I
    ジョブズの歴史だ。現代に生きたジョブズがAppleを中心に、コンピュータ界に巻き起こした革命的な動きは、現代の史実となるものだ。しかし、偉人に祭上げられたことに個人的には反対だ。本書でも言及されている自己愛性人格障害は、誰もが憧れるものでも、真似できるものでもない。たまたまコンピュータ技術発展の導火...続きを読む

特集